2011年度~2014年度の試験既出の語句を赤字で示しています。

 

赤字のところだけ蛍光ペンで教科書にチェックをお勧めしています。

 

テキスト下巻P88

 

要約筆記者としての専門性について考えて、覚えましょう。

テストのためだけではなくて、実際にこれらを頭に入れて行動できるようになりたいと思います。 

 

2011、「何カリキュラム」が、厚労省から、通知されましたか?



→要約筆記者養成カリキュラム

 


その時間数は?

→必修科目74時間、必修選択科目10時間以上
 

 

このページのやや下の方、四角の枠内の文章は、全部蛍光ペンでチェックをお勧めします。

聴覚障害、~習得する。まで)

 

【2】要約筆記者の専門性のところをご注目。
 

テキスト下巻P89
ページがまたがります。

要約筆記者養成カリキュラム案では、いくつの思想といくつの到達目標が示されていますか?

→二つの思想  五つの到達目標

二つの思想は何でしょう?

→〈権利擁護のための要約筆記〉〈通訳としての要約筆記〉




五つの到達目標、「新しい要約筆記者像」
にもチェックをどうぞ。


 

1)~5)の各項目(太字)蛍光ペンでチェックをどうぞ。