模擬的に、要約筆記者の活動をする現場実習をしました。

 

会場は使い慣れたところで、半日がかりでやりました。

 

いつも指導してくださる講師は遠目で見守ってくれていました。

 

与えられた設定の中、受講生が主体となって動きました。

 

利用者の座る位置や、会場の構造をふまえて自分たちの座る場所を決定。

お互いのパソコンをLANケーブルで接続。

そして、表示用パソコンの設定、プロジェクター、スクリーンなどの準備から要約筆記の全体投影の実施までやりました。

 

緊張の中、あたふたしながらの実習。

実力は半分も発揮できないありさまでした。

 

練習不足を痛感。

 

あー、こういう講義をあと5回くらい繰り返してもらったら、ちゃんとできそうなのに!というフラストレーションを感じました。

 

それに加えて、自信のなさが足を引っ張っていたかもしれません。

 

練習不足が自信のなさを生み出すのでしょう。

 

いま、思い返してみると、「やればできる」という気持ちを持つことが大事なような気がします。

 

でも、こんな大がかりな講義、開催者側も大変だったでしょう。

 

本当にお世話になりました、という気持ちでした。

 

要約筆記は本当に難しいと思いました。

 

この日の挫折感は大事な勉強として忘れないようにしたいです。 

おまけ動画

YouTubeから↓

ちょっと悲観的なほうが、挫折しにくいことが判明。なぜかというと・・・ by メンタリスト DaiGo