【重要語句】聴覚の仕組みと働きを説明するにはが大事です。



(テキスト上巻
P4~)

2011年度から2014年度の過去問題に出題されている語句は赤字です。




時間のある方は、ご自分でP4の絵を一度描いてみるのをお勧めします。
次に、各部位の名前働きを書き写してみてください。
たぶん覚えやすいと思います。



伝音系、感音系
はその図のどこからどこですか? 


耳介、外耳道、鼓膜
はどこでしょうか?

耳小骨
にはなんという骨がありますか?


内耳液
に音の振動を伝えるのは何?


半規管
が感じ取るのは何?

聴神経
はどの部位の間にありますか?


有毛細胞
電気信号が変換されるのはどこですか?

蝸牛
の働きは?


外耳道
での共鳴増幅された音は、次にどこに届きますか?

耳管
鼓膜振動しやすいように何を同じに保っていますか?


電気信号を
音として感じるのはどこの部位でしょうか?


無声子音
はどのように鼓膜に届きますか?



そらで描けるくらい覚えたら自信満々になれます。


ラッパみたいなかたちの
耳介から入った音が、どういうルートを通って、どうやって大脳皮質聴覚野に行くのか物語のように覚えるといいかも。


You Tubeから参考動画↓

耳の構造と音が聞こえる仕組み



全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします












1分で「聞こえ」が変わる耳トレ! 【CD付】
小松 正史
ヤマハミュージックメディア
2017-11-25