【重要語句】

「聴覚障害者の現状」の重要語句です。

(テキスト上巻P12

 

教科書と蛍光ペンの用意はいいですか?

 




2011
年度から2014年度の過去問題に出題されている語句は赤字で示します。

 

2015年度は公開されてから随時アップするつもりです。

 

試験対策する方は、受講前の教科書にラインをどうぞ。
 

 




身体障害者福祉法第4条別表
では、聴覚障害者は何と何によって程度が区分されていますか?


聴力と
語音明瞭度で区分されているのは何ですか?


聴覚障害者は何の言語による意思疎通を図ることが困難ですか?



身体障害者手帳
交付対象は約何万人とみられていますか?


34
3000とは何の人数?

 


聴覚障害者の認定基準
(欄外)の内容を覚えてください。
その部分は、一耳の聴力レベルなのか、両耳の聴力レベルなのかを確かめながら読んでください。


難聴者
人口の何%?
5~
10(欄外)は何の割合?

 


平成18年度の厚生労働省の実態調査
の表、回答数第1位と第2位に注目を。
 


聴覚障害者の
コミュニケーション手段の割合で多いのは何と何ですか?
 



補聴器使用・人工内耳等の補聴機器
筆談・要約筆記を利用している人
は手話より多いですか?

参考動画

YouTubeから↓

補聴器と人工内耳の違い~比較~


全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格をお祈りいたします