実技の講義でMIKAタイプをネットからダウンロードするよう勧められました。

 

パソコンコースの受講生は、毎日MIKAタイプで入力練習するようにとのご指示。

 

このソフトはとてもシンプルな作りなのですが、初心者のホームポジションの習得だけでなく、タイピングの速度や正確さまで計測してくれます。

英単語をひたすら練習する機能もあります。

要約筆記では、突然アルファベットを打つときもあるので練習しておくとよいでしょう。

無料でダウンロードしてオフラインで使えます。


(わたしのWindows10でも支障なく使用できています。)


初めてタッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけようと思っている方から、上級者の入力速度向上のためにも満足できる機能のソフトです。

 

わたしは数字のホームポジションがとても苦手だったのですが、このソフトで克服できました。

 

とにかく手元を見ずに、ゆっくりでもいいから確実にホームポジションを体得すれば、かならず入力速度はあがります。


手元を見ないタイピングが身につくと、ずっと画面を見ているからミスタイプが減ります。

自然と姿勢がよくなるので、肩こりが無くなるかも。

 

あせらずゆっくりホームポジションを習得してください。


練習機能はいろいろあります。
 

わたしはローマ字練習をがんばりました。

ミスタッチを1桁にするように気をつけながら、入力速度の文字数を伸ばすことを目標にしました。

 

制限時間60秒で打鍵数、入力速度、ミスタッチ回数が表示されます。

 

わたしはエクセルで、打鍵数、入力速度、ミスタッチ回数の項目を作り、成績管理しました。

 

あまりがんばりすぎると続かないと思い、毎日5回だけと決めてその最高点を記入。

 

その結果、1日5分だけの練習でもタイピング速度が伸びていることがわかりました。

 

体調などにより成績に波が出ることもありますが、毎日歯を磨くのと同じように日課としてやってみるといいと思います。

ゆっくりとでもいいからあきらめずに毎日練習することをお勧めします。

 

わたしの場合は、最初190文字/分くらいでしたが、半年くらいすると240文字/分、ときどき250文字/分打てるようになりました。

 

この練習をさぼっていると、入力速度が落ちると先生方から聞いています。

 

MIKAタイプと講座では呼んでいましたが、公式サイトでは美佳のタイプトレーナとあります。

リンクフリーということなのでこちらにアドレスを記載します。

リンク
美佳のタイプトレーナ 

 

 

ご親切にもYou Tubeでダウンロードや解凍の仕方を動画でアップしてくれている方がいらっしゃいます。

娯楽的なゲーム性のあるタイピングソフトはオンラインでたくさんあると思いますが、わたしはシンプルで気の利いたMIKAタイプが大好きです。

 

 

You Tube
ミカタイプダウンロード方法
【美佳のタイプトレーナー】