当ブログには【重要語句】というカテゴリで書いてきた記事が、たくさんあります。



各記事には、赤い文字で過去問の既出語句を示しています。


それを見ながら、教科書の該当の語句に蛍光ペンでマークしてみてください。


ただし、受講前、少なくとも受講の前日までにですよ。


受講の前にマークしておくことで、予習になります。


ここで、一度はテキストに目を通したことになります。


眠たくなりがちな講義で、この蛍光ペンでマークしたところが力を発揮。


先生が、蛍光ペンでマークした語句について語り始めたら、しゃきーんと目がさめます。


「あれ、先生がいま、過去問にすでに出題されたこの語句について話しているよ」って、覚醒します。

それで少しは記憶に定着します。


受講時に、記憶に刻み込めるのです。


このように、記憶するチャンスが2回あります。


1回目が予習がてら、重要語句に蛍光ペンでマークしたとき。

2回目が、受講中、テキストにマーキングした重要語句を目にしたとき。



過去問既出語句に2回は、意識的に触れることになります。


意識的に触れることによって、その語句に対して興味を持ち、脳に定着しやすく
なります。


つぎに、この蛍光ペンでマーキングしたところが力を発揮するのは、受験の直前。


統一試験の直前に、もういちどテキストを開いてみてください。


蛍光ペンでマークした単語のところだけを目で追います。


その単語の意味を思い出し、だれかに説明できるくらいになったら、なおよいと思いますよ。


ここで、ひとつ注意点。


マーキングは、文章の単位でしてはダメ。


単語の単位でマークしてください。


文章の単位だと、どこが重要なところなのかわからなくなるからです。


テキストに浮かび上がっている単語を目で追い、


頭のなかで

「この単語の意味は…」

「この単語は●年に…した…」

「この単語の関連のことばは…と…」

などと思考を巡らせて、記憶に定着させてください。

 

「蛍光ペン」「勉強」というキーワードでYouTubeで動画を検索してみました。


YouTubeより↓

マーカーを使わずに暗記してる人は損してます。

チャンネル名:鈴木ちゃんねるFrom慶應

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします