【YouTube動画】を再生させながら、
要約筆記の
入力練習をする方法をご紹介します。

「もうやっているよ」という方は、
この記事は読み飛ばしてください。

記事にするのが恥ずかしいくらい、
やり方は簡単。


以下の2ステップです。

YouTubeの動画をアプリやブラウザなどで動画を再生させる



音声を聴きながら入力ソフトで
要約筆記の練習をする



ご存じのとおり、ブラウザは以下のものが有名ですね。

  • Google Chrome(グーグル・クローム)
  • Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)
  • Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)

あなたが、いつもインターネットを見ている閲覧ソフです。

Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)は、現在では使われていないようです。

マックやiphoneでは「サファリ」が使われていますね。

上記のブラウザやアプリからYouTubeへ行き、
そこで好きな動画を検索します。

YouTube
の検索窓から、練習したい音源のキーワードを入れてみてください。

おすすめのキーワードは次のようなものです。

  • 講演
  • 社会福祉
  • 教育
  • 聴覚障害


練習音源無限にあると思います。


ご自分の好きなジャンルで練習をしても楽しいです。

たとえば「インタビュー」で検索して、
好きな俳優やミュージシャンの動画を探し出し、
その話しことばを要約してみるのもいいでしょう。

次に、入力ソフトについて。

以下のものが思い付きます。

  • IPtalk(アイピートーク)
  • テキストエディタ(メモ帳)
  • ワード


「ブラウザ」または「YouTubeアプリ」と、
「入力ソフト」の2つが、
パソコン上に同時に2分割で開いている状態にします。


そうしたら、
YouTubeで任意の動画を再生させます。


再生した音声を聞きながら、
同時に素早くIPtalkなどに、
要約しながら入力してください。

iPadやテレビなどでYouTubeの音声を流せば、
パソコン画面は広々と使えます。



この作業は集中力が必要。
疲れるので5分くらいがいいと思います。

最初は2分から始めてもよいのでは。 

わたしは時間設定するのに、
キッチンタイマーを使いました。

スマホのタイマーでもOK。

最後の仕上げは、確認です。

終わったら、ご自分の入力したのを読んでみてください。


ちゃんとした文章として完成しているでしょうか。

誤字や脱字はないでしょうか。

再度、動画を再生しながら、
話者が話していることと、要約筆記のログが食い違っていないか、深く検証をしてみるのもおすすめ。

実力アップさせるためには、この検証が不可欠。




では、
音源を探していらっしゃるみなさん。


こんな動画はいかがでしょうか。


YouTubeより引用↓

野口嘉則 講演
「自分という大地に根を張る生き方」
自分本来の力を発揮する生き方

このブログで上記を音源として再生させて、
入力練習することもできます。

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします