要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

カテゴリ: 【講義のようす】

”そぎ落とし”たら、次は「短く表現する技術」だそうです。

 

(テキスト上巻P54

(テキスト上巻P59も含む)


そぎ落として、ちょっとスリムになった文章を、さらに要約筆記する人の脳内で処理して、短く表す過程があります。
 

なんだか話が複雑になってきそうですが、ここが専門的知識と技術を持った要約筆記者ならではという印象です。

 

この日はノートパソコン持参の授業だったので、「全国標準略号」や「全国標準略語」、「団体名」はわずかなキータッチで出せるように単語登録しました。


団体名の略称はP96にあります。


略称を単語登録しておけば、正式な団体名(長い!)が出るようにしておくと便利なんだそうです。


たとえば単語登録の「読み」を「ぜんようけん」として「語句」を「全国要約筆記問題研究会」と変換できるようにしておくということです。

 

また、この授業では講師から問題が出されて、受講生たちが実際に漢語表現に置き換える練習をやってみました。


たとえば、「ポストに手紙を入れる」
「投函」などです。

これは意外に難しく、時間がかかりました。

 

短縮表現は、テキスト上巻P59に例が示されています。

こういう言い回し、否定文、疑問形をとった主張というのは、よくあると思います。

 

文末処理の方法として、基本的には語尾を常体にして表記すると習いました。

 

体言止め、助詞止め、形容詞の言い切りについてもテキストにそって教えていただきました。

テキスト上巻P60に例がたくさん載っています。

漢語表現について、かわいく参考になるかもしれない動画

YouTubeから↓

【5年国語】和語・漢語・外来語

話しことばをそぎ落とし、さらに置換や文末処理などで短くした文章を、まだ短くすることができる方法があるのだそうです。

それが、「共有情報を活用する」。


(テキスト上巻P56

(テキスト上巻P61も含みます)


昔、生徒や学生だったみなさん、学校の授業でプリントを配られたことを思い出してください。


要約筆記では、これを共有情報として活用するのだそうです。
 

たとえば、利用者が学校の授業を受ける場合などにおいて、配付された資料やテキストを話者が使うときは、どうすると思いますか?


大学の講義などで、教員が資料やテキストを読み上げるときは、

“教科書P47○○○~を読み上げ中。”

などと文字化して利用者に知らせるそうです。

 

これでバッサリと、話者のことばを文字化しないでいいし、利用者は“教科書P47”を見ればいいのです。


板書や掲示物、パワーポイントでもそうするそうです。


要約筆記者が、利用者のすぐ隣にいるなら、配付された資料の項目などを指差して、教員である話者が“いま”そのことを説明していると知らせることもあるとのこと。


資料を使った要約筆記は、テキスト上巻P61に詳しい例があります。


この部分は、実技試験の本番にすごくすごく役に立ちましたので、じっくり読んでほしいところです。


2015
年度の実技試験のひとつ目はこのテクニックを使いました。


この技術、使いこなしておくべきです。


それから、話者はよく前置きとして「さっき話した
○○ですが、」という言葉を使いますが、これは文字化しないということも習いました。


教室や会場内で、授業や講演が始まってから話した内容は、その場にいる人たちの“共有情報”ですから、活用するとのこと。


それから、要約筆記者が持っている背景知識の大切さも教えられました。


最近のビッグニュースも共有情報として活用できます。

みんなが知っているという前提です。

今朝、テレビのアナウンサーが話した、フレッシュなニュースも共有情報になりうるかもしれません。

 

時事問題やニュースに要約筆記者はいつも注意を払い、知識を蓄えておいた方がよいと言われました。

 

わたしの苦手なのは、政治、経済、スポーツです。

 

苦手な分野の新聞の記事やニュースにも、前よりは関心を持つよう努力しています。

 

共有情報からはそれますが、わたしは、要約筆記者が個々に持っている専門知識や経験も要約筆記に活用できると考えます。

 
背景知識を磨くときには、どうしても得意分野に偏る傾向があると思います。

それは強みになるのではないでしょうか。
 

いままでの人生で蓄積してきた知識・経験が、利用者のために役に立つのはうれしいことです。

ひとやすみして、動画をどうぞ。

YouTubeから↓

絶対落ちない!?受験生、オランウータンでゲン担ぎ(16/02/16)

この日は、法律の専門家がとてもわかりやすく講義をしてくださいました。

(テキスト上巻P62

 

憲法人権のこと、障害者に関する法律ができていく過程を習うことができました。

長い長い苦労と努力を積み重ねて障害者福祉に関する法律が成立されたんですね。

法律や社会福祉の知識は要約筆記者として当然持っておかなくてはなりません。 


しかし、この分野はわたしが最も苦手とする分野です。

法律や制度の名前がたくさん出てくるからです。


歴史の中で改正されたりして、変わっていく法律の名前をどうやって覚えたらいいのか悩みました。

これはもう受験の日の朝まで苦しめられました。


やはり、勉強法を工夫する必要があったんです。


予習時に蛍光ペンで過去問既出の【重要語句】をチェックしてから授業に臨み、受講後は【音読】などで記憶に定着させておけばよかったと思っています。


優秀な同期の受講生は、法律が制定されていく歴史の流れを、見事に図式化して覚えてらっしゃいました。


そういうアイデアもありだと思います。

受験直前に、これらの法律用語、制度に関する用語を頭に詰め込むのは無理です。

早めに手を打っておくべき。 

YouTubeより↓

小6が暗唱:日本国憲法前文!
THE CONSTITUTION OF JAPAN

受講生のみなさん、講師から配付された資料はどうなさっていますか?

ちゃんとファイリングして、あとで参照される方が多いと思います。

でも、もしそのまま部屋の片隅に放置されている方がいらしたら、もったいないですよ。
 

わたしたちの講座では、受験に役立つ内容がとても多かったからです。

 

受講時に資料を配付されたら、すぐに日付と講師名または教科名を書かれることをおすすめします。(用意する側が記入すべきだと思いますが、これが書かれていないことがよくあります。)
 

受験には、プリント類の情報も大事です。 
わたしたちの講座では、教科書にはない、最新の制度や法律のことなども書いてある資料がありました。 


教科書にない、新しい制度や法律だからこそ試験に出やすいと考えていいのではないでしょうか。
 

ところで、プリント類というのは、誰でもこだわりの整理法があると思います。

 

わたしは、帰宅したらすぐにパンチで穴をあけて、日付順に2穴ファイルに綴じていました。

実は、わたしも最初のころはプリント類を放置していたのですが、優秀な同期の方が日付順に綴じていたのを見て、まねをしました。 


短い受講期間とはいえ、配付されたプリントを全部集めると、けっこうな量。


もしファイリングしていなかったら、だんだん資料を調べるのが面倒くさくなりますよ。 

 

わたしたちの講座では、制度が図式されたものや法律ができた経緯など、とてもよい資料がありました。
 

宝の持ち腐れにならないように、いまのうちから少しずつやっておくとよいと思います。

 

資料は筆記試験と実技試験に関するもので分けて整理すると便利でした。
 

実技の講義では実技試験に役立つものや、現場での実践的な方法を示すプリントが多かったからです。

以上、お世話焼きな情報を書きました。 

おまけ動画

YouTubeから↓

LIHIT LAB. COMPACT PUNCH/bundoki.com

福祉の専門家から「社会福祉の理念と歴史」の講義を受けました。


(テキスト上巻P66


内容は、聴覚障害に焦点をしぼった社会福祉障害者福祉について。


理念や障害についての考え方は、歴史の中で変化してきたそうです。


ここでは、海外で生まれ発展してきた、社会福祉の理念や障害についての考え方のことばがたくさん登場してきます。

WHOの障害のとらえ方も大事なところです。
 

また、日本の社会福祉の歴史も教えていただきました。

実はわたし、歴史の流れを記憶するのが苦手なんです。


優秀な同期の方に覚えるコツを教えてもらいました。


年代を覚えるとき、自分の生まれた年より前だったか後だったか、自分が何歳の時だったかをイメージするとよいとのこと。


それから、この分野に疎い方は、受講前のテキスト【重要語句】蛍光ペンでマーキングすることをお勧めします。


なじみのないカタカナやアルファベットなどの重要語句がたくさん出てくるからです。 


社会福祉の理念と歴史」は福祉にかかわる援助者として持つべき知識ですし、過去問にたくさん出てきますので、大事な分野だと思います。 


YouTubeより↓

障がい者の歴史

きょうからテキスト下巻についての記事です。

昨年、受講生だった時の記憶をたどりながら【講義のようす】を書いています。


(テキスト下巻P4~)


1.「コミュニケーションの基礎理論」


長年、聴覚障害者と関わってきた、笑顔のやさしい福祉の専門家から講義を受けました。


この日は、教科書にそっての話ではなくて、配られた資料を見ながらの難しい内容の講義でした。


いま思えば、教科書に書いてあるコミュニケーションの定義、構造、特徴、種類、目的などのポイントを意識して聞けばよかったと思います。


予習が足りなかったと反省しました。


2.「情報保障の基礎理論」


音声情報を文字言語にして、情報保障する考え方などを習いました。


情報保障するときの心がまえのようなことや、効果的に情報保障できるようにする具体的な対処方法などを知ることができました。


3.このときの受講の感想


この講義のとき、要約筆記の実践に近い内容になってきたので、それがうれしかったことを思い出します。


でも、メモが取りづらかったことを思い出したんです。


講師の話が必ずのように、話しはじめと話し終わりで違う内容になるので、ちょっと苦労しました。


わたしが、講師の話しはじめの単語に飛びついて、そのあとその単語についての話しがあるのだと思って聴くから、わけがわからなくなり結局メモをとることが不可能になっていたのです。


それが、わたしの課題だと自覚しました。

優秀な要約筆記者の先輩方は、その講師の話をわかりやすく、的確に、スピーディに要約して全体投影していました。


今年もまた同じ講師によって開かれる、この講義を受けようと思っています。


今度は、要約筆記に挑戦です。

ステップアップあるのみ。

参考になるかもしれない動画

YouTubeより↓

人の話を聞くコツ~メモをとることの本当の意味~

この講義ではパソコンは使いませんでした。


ですが、いつもの聴くだけの講義ではなく、講師の指示に従って、考えながら作業する勉強でした。


講師や、ほかの受講生とのやりとりをしながらだったので、講義時間が短く感じられました。


講義の内容は、グループに分かれて「説明の技術」を使いながら、言葉での指示だけで図形を描いてもらう体験などをしました。


わたしもある図形を言葉だけで説明してグループのメンバーに描いてもらったのですが、うまく伝えられず全く違う絵になって、大笑いしまいました。


ほかには、みんなが知っている昔話の基本構造を表に書き込んだり、ある文章のパラグラフの構造について、トピックセンテンス、支持文、結文はどの部分かを見つける練習もしました。


要約筆記者は、「説明の技術」を学ぶ必要があり、しっかりと教科書にその具体的な方法が記載されています。


日本では「伝達」を効率的にする方法を学校で学ばないため、日本人の説明は伝わりにくいのだそうです。


わたしも説明が苦手です。

説明が下手なわたしが書いているブログを読んでくださっているみなさん、ごめんなさい、そしてありがとうざいます。 

なんとなく、似ているようなことをJAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士が話している動画を貼り付けます。

わたしが受けた講義では、こんなに難しい図形ではなかったですが。


YouTubeより↓

【宇宙教育動画教材】コミュニケーション力をきたえよう!

(テキスト下巻P16~)

 

この日の講義は、いわゆる「要約」の実習でした。

一般的に、誰もが知っている「要約」です。
 

聴覚障害者のコミュニケーション支援のために、パソコンを使って行う「要約筆記」ではありませんでした。


鉛筆と紙を使った実習です。

パソコンが必要ない講義だったので、荷物が軽くてすみました。
 

瞬時に行う「要約筆記」にも、基礎的な知識として「要約」の知識が必要なのだそうです。

 

話しことばは、文法的に整っていないことが多くあります。

 

長々と話している話しことばの、どこがポイントなのかわかりにくいこともよく生じます。

 

話者の本当に言いたいこと、つまり「内容の主旨」を見つけるために、「文章要約」について知ることは、「要約筆記」をすることに役立つのだそうです。

 

そのために、「要約の定義」「要約の型(骨格法、凝縮法)」などについて学びました。

 

「要約実践技術実習」もありました。

 

テキストの文章をルールに従って、「大意」、「要旨」、「主題」に縮小するのにチャレンジしました。

そのためのマス目もテキスト内に用意されています。

いま、この日に習った「要約」の知識と実習が目に見えてどのように役立っているかわかりません。

目立たなくても、技術の下地になっていたらいいな、と思います。

参考動画

YouTubeから↓

小論文のツボ57
 文章力アップのために「要約」をしよう。 (字幕付き)|小論文|書き方| コツ|


この日の講義は、手書きパソコンの2つのコースに分かれました。

 

わたしはパソコンコース

 

(テキスト下巻P28

 

いままでの講義では、聴覚障害などの基本的なものでした。

(歴史、法律、日本語、要約筆記の原理原則などの基礎的な内容。)

 

でも、いよいよこの日、講義は「実践的な」内容になってきたと感じられるものになりました。

 

やった!

 

腕がむずむずしていました。

 

だって、わたし、早く実技を習いたいので!

 

しかし、講義は、テキストをもとに、要約筆記の使用機器について習うところから始まりました。

使用機器には、入力用パソコン、表示用パソコン、
LANケーブル、ハブ、プロジェクター、スクリーンなどがあります。

 

いっぱいあるんですよ。

テキストには、それらをどのように接続するか図示されています。

 

その後、講座で用意してくださった「LANケーブル」や「ハブ」を自分のパソコンに接続しての実技。

 

講師より、各受講生に「IPアドレス」という、数字の行列みたいなのが割り振られ、それぞれのパソコンに設定しました。

「IPアドレス」は、住所のようなものなので、それぞれ違う番号です。

 

その後、ハブで中継させて受講生同士のパソコンを「LANケーブル」で接続。

 

わたしは、「LANケーブル」や「ハブ」というのをあまり見たことがありませんでした。

 

それを使って他の人とパソコンにつなぐのも初めて。


なにしろ、自分のパソコンのどこにLANケーブルを接続するのかも知りませんでした。

ドキドキの連続です。

 

パソコンで要約筆記するのには、機器の接続の仕方を知らないとできないということを知りました。

 

しかし、LANケーブルをつないだものの、なかなか「IPtalk」上で他の受講生とつながりません。

 

早く実技を習いたいのに、もどかしい気持ちでした。

 

心配した講師が、わたしのパソコンの設定を、ちょこちょこと変えてくれました。

 

すると、IPtalkの「パートナー」というタブのところに、ほかの受講生たちの名前が表示されたではありませんか。


「8人モニター」にもみんなの名前が表示されて、つながったと実感。

すっきりと解決。

つながらなかったときの不安が、うそのように解消されました。

 

その後、講師が口頭で読み上げる文章を、「要約」しながら入力しました。

 

かなりゆっくり読んでくださったのですが、変換などに手間取りました。

その文章は、整った書きことばなのですが、日付や時間、長い固有名詞が何回も出てきました。

初心者のわたしは要約しようとしてもできずに、全部入力しようとしました。

とにかく、話者が話し出したことばに飛びついてしまいます。

でも、話し出した言葉は途中で別の話に変わってしまいます。

話し手のこの現象は、たびたび起きます。

言いかけているけど、話者の頭の中ではぐるぐると別の考えが浮かび、本当に言いたいことへ話が展開していきます。

言いかけたことばが宙に浮いた状態になり、末尾のことばとは全然対応しない状態。

だから瞬時に打とうとせず、「待つ」ということが必要なのだと知りました。

「知っただけ」で、「実践」はできませんでしたが。

何がいらないことばなのか、まだ頭の中でそぎ落とせませんし、まとめられませんでした。

講師が読み上げた文章の中には、長い固有名詞が何度も出てきました。

それは、一般的には使われていないことばだったので、まったく変換候補にあがってきません。

何かの集まりの待ち合わせの時間を案内する文章でした。

要約筆記を利用する人にとっては、生活を左右する重要な文章です。

しかし、その日付や時間も、数字を入力してから、漢字変換の「 月」「日」「時」「分」などをくっつけていかなければいけません。

それを瞬時にやろうなんて、まだ練習不足のわたしにはできませんでした。

そうしている間に、講師の話はどんどん進んでいき、わたしの「短期」記憶が追いつきません。

 

そうか、こういうことだったのか、要約筆記って。


それを実感し、敗北し、うなだれました。

打ち終わった後、それぞれのパソコンからスクリーンへ投影させて、受講生みんなで入力の内容を確認していきました。


けっこう思い通りにならないものです。

 

その後は、入力用パソコンや表示用パソコンなどのセッティングを実際にやってみました。

 

全体投影に使うスクリーンの設置、プロジェクターとの接続、スイッチのオンとオフなどの操作をしました。

 

大きなスクリーンの組み立てや片付け方、プロジェクターのスイッチのオンオフもやってみました。


意外と手順が多く、説明を受けた直後とはいえスムーズにできませんでした。


表示用のパソコンの設定も複雑でした。

この日の講義も、パソコン持参。


みんなのパソコンをLANケーブルでつないでの実習でした。

 

(手書きコースの方々は、別の部屋での実習。)

 

わたしたちが、その日使用したソフトはIPtalk(アイピートーク)。

 

LANケーブルでつながると、「パートナータブ」や「8人モニター」に受講生仲間の名前が表示されます。

 

実習内容は、パソコン要約筆記のチームワーク。

 

チームの中の「各担当の役割」
(テキスト下巻P34)を実際に体験しながらの学びでした。

 

「メイン」、「サブ」、「待機者」という役割に分かれて、さっそく入力練習をやってみました。

 

講師からそのやり方を説明されたときは、何?どうやってするの?という複雑な気持ちでした。

 

やってみると、もっと頭がこんがらがります。

 

「交代の意味と方法」(テキスト下巻P38)の方法で、交代をやってみたのですが、とにかく難しい。

 

音声テープを再生させて実際に交代していくのですが、要約筆記自体にまだ慣れていない上に、「メイン」「サブ」「待機者」の交代や役割を意識しながら交代するからです。

 

IPtalkの「連絡窓」を駆使しての交代。

 

もたもたしていると、講師を補助する方が後ろについてくれて、「いま連絡窓で連絡して」

「交代して」などと声をかけてくれました。

 

時計も見ながらの要約筆記です。

 

脳内はあれこれと忙しい状態。

 

結局この受講時間内だけではよくわかりませんでしたし、体得できたとは言えない仕上がりでした。

 

でも、こういうやり方があるのだと知るにはよい講義だったと思います。
 

受講して1年たったいま、やっとできるかなという感じですね。

 

だから受講時はそんなに焦らず、体験するという気持ちで素直に先生の言うことを聞いてやってみるのがよかったかも。

 

「できない」という苦手意識が先行しない方がよいと思います。

 

チームワークの実習をしてみて、要約筆記へのイメージが変わりました。

 

以前の要約筆記のイメージとしては、パソコンで個人的に対象者だけに自分のパソコン画面を見てもらうのかなと思っていましたから。

 

だけど、瞬時にたくさんの情報を、的確に読みやすく表示させるために、複数の要約筆記者がチームを組んで要約筆記する方法があるのだと学びました。

 

それに、なぜチームワークで交代するのかということも知りました。

 

要約筆記には集中力が必要ですが、それを維持するために「メイン」が交代しますし、他のサブや待機者がフォローしあっているのです。

 

利用する人の情報保障のためです。

 

いろんな必要性があって編み出された方法なのでしょうね。


YouTubeから↓

LANケーブルプラグのツメ折れを復元!コネクタの上からはめ込むだけの簡単取り付け RJ-45プラグSOS ADT-RJ45SOS-10 



この日も経験豊かな現任講師から教えていただきました。

 

(テキスト下巻P40

 

この講義で、「前ロール」ということばを初めて聞きました。


前ロール」。

 

お菓子の名前でも、ヘアスタイルの一種でもありません。

 

要約筆記の業界用語といえると思います。

 

前ロール」とは、要約筆記の活動の前に準備して保存しておくテキストファイルです。


そのテキストファイルにする文章は、「前もってわかっている文章」。

それをあらかじめ表示しやすいように修正し、用意しておいて、現場で話者の話と同時進行で、簡単にモニターに表示させるものです。


それで、その「前もってわかっている文章」を、手書きでは「ロール」に事前に書いておきますが、パソコンでは事前にテキスト文書として保存しておきます。

 

いざ使うときにそれをIPtalk(アイピートーク)の機能を使って表示させます。

 

前ロールに保存するものは、司会のシナリオなどです。

 

司会シナリオ以外に、前ロールとして保存しておくものは、「歌詞」や「引用文」などです。

 

集会などに招待された「偉い人」が欠席したときに、代理出席した人が読む「あいさつ文」の原稿などもあります。

 

それらは「要約筆記に適さないから」、事前に前ロールとして準備しておくのだそうです。

 

それで、この日の講義では、IPtalk(アイピートーク)を使って、「前ロール」の作成方法と表示の仕方を、わたしたちは習いました。

 

IPtalkって、実に多彩な機能があり、驚きます。

 

簡単に「前ロール」を保存し、呼び出し、表示する機能があるんですよ。


講義では、講師から提示された例文を「前ロール」用に修正して、フォルダ内に保存し、呼び出すという作業を体験してみました。

 

まず、例文である前ロールの元原稿の「スペース」や「半角のカタカナ」「数字の全角、半角」などを、要約筆記の表記をもとに修正させます。

 

それは、「メモ帳」というWindowsのソフト上でスペースや半角、全角、修正します。

 

そんなふうに事前に準備していても、いざ現場では原稿のとおりに進まないことがあるそうです。

 

その場合は、リアルに打っていくそうです。

 

そのために、前ロールのテキストファイルに改行を入れたりして工夫しておくのだそうです。


この日の講義では、他に「チームでの連携」「振り返り」「幅広い連携」「チームワークの技術」などを習いました。

おまけ動画

YouTubeから↓

ふわふわ、しっとり♪ フルーツロールケーキ


↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }