要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

カテゴリ: 【最初から今まで】

早く記事にしないと、実技試験のドキドキ感を忘れてしまいそうです。

はやめに、受験のようすを書きとめます。
 

2015年度全国統一要約筆記者認定試験)


パソコンの実技試験は、筆記試験の疲労が抜けきらない直後、少しの休憩時間をはさんで行われました。


「手書き」と「パソコン」は別の音源で受験です。

だから、別の部屋に分かれることになりました。

同期の勉強仲間とは、しばしのお別れ。 


ノートパソコンは、もちろん自分の物を持参します。

自分のノートパソコンですから、辞書はそれなりに鍛えてあります。

IPtalkも、事前に指示に従って設定済みです。

(IPtalk(アイピートーク)は試験に使われる要約筆記のソフト)
 

試験開始直前に、試験官から音源に関する資料A4の用紙1枚と、話者の名前などが書かれた小さな用紙、試験提出用のUSBメモリーが配付されました。

 

このとき配付された資料は、あるポイントをつかんで、しっかりと読みました、緊張に震えながら。
 

特にナンバリングされた数字の種類を確認して脳に定着。(1.Ⅰ、①などの種類)

 

資料と同じ表記のナンバリングで入力する必要がありますから。

「共有情報の活用」です!

配付された小さな用紙に書かれた「○○」という話者の名前も、緊張して集中力がないながらも読みました。

音源が聞こえたら次のように入力しなければいけませんから。

○○/みなさん、こんばんは。

(○○は話者の名前)

パワーポイントらしきA4の資料は、中に書かれている漢字に驚愕。

元寇?

確か、読みは「げんこう」だったよねと、心の中で反芻するように唱えました。

なんだかチンギス・カンみたいな顔が入った絵もあるし。


「元寇」、その通り入力する必要が生じるかもしれないと思いながら、寒い2月の試験会場で、資料を持つ手は汗ばんでいました。
 

最初の音源は、「水中考古学へのいざない」でした。

話者はランドール・J・ササキ氏(水中考古学者)
 

これは、資料という「共有情報」を活用して、話者の話しことばを、要約筆記する課題でした。

 

要約筆記者養成講座の講義では、「共有情報」である資料の番号に注目することが、大事だと教えられてました。

ですので、とにかく話者が資料について話したらその内容が資料にあれば、その数字を正しく打つことに気をつけました。


たとえばこんな感じの入力になります。


講師がパワーポイントの資料Ⅰの1について話すときは、このように入力しました。

 

Ⅰの1から。

 

あっさりとこんな感じに打ち、ひきつづき内容を要約筆記して記述します。

でも、資料に記述されている文章を話者が読み上げたら、それは入力しませんでした。

資料は共有情報だからです。 

 

スライドを使ったプレゼンテーションだったので、スライド①について講師がいろいろ話しだしたら

 

スライド①。

 

と入力して、それについての内容を要約筆記しました。

 

出来上がったIPtalkのテキストは、意外と短かったです。
 

講師がたくさん話していても、資料にその内容があれば、共有情報の活用としてバッサリと省けるので、おそらくそうなるのだと思います。

不安になるくらい短く、あっさりとしたテキストでした。

あまりにシンプルなので、わたしはもう落ちたと思ってがっかりしていました。

でも、とにかく合格したんです。

 

音源の元ネタはYouTubeで検索できます。

 

「水中考古学へのいざない」

ランドール・J・ササキ(水中考古学者)



この動画がいつまでYouTubeで見られるのかわかりません。

受験の傾向をつかんでいただくために、早めに見ておいてはいかがでしょうか。

資料に使われたパワーポイントのスクリーンも、ある程度、動画の中で確認できます。
 

難しい漢字があるのでよく確認して見てください。

 

その日、わたしたちは、この動画の冒頭5分間の音声だけを聞きながら、瞬時に要約してタイピングしました。

 

もし、あなただったら、この動画、冒頭5分だけでいいです、どのように要約筆記なさいますか?

 

実技試験の感覚を想像してみてください。

やれる環境にある方は、やってみてください。

タイマーをかけて。 

 

パニックになったら終わりです。


落ち着いて淡々と処理するという気持ちで、やるといいと思います。

2つ目の音源についての記事は、明日以降アップします。 

前回の記事にひきつづき、実技試験の経験を書きます。

(2015年度全国統一要約筆記者認定試験)

 


2つ目の音源は、社会福祉についての講演か授業の音声でした。


話者は児島亜紀子氏、社会福祉の専門家。


こちらの音源は、ネット上で検索できませんでした。


内容は、全要研の試験結果の公開を待ちたいと思います。

 
この音源、「自立」「自律」などの同音異義語に苦しめられました。

 

記憶を頼りに、出て来た漢字などのキーワードを書きます。

 

概念 経済的 ADL

自立 人間の意志 

自律 自活 生活保護

高齢者福祉 自己決定 

自律 意向 主体的

意見表明 意思決定  支援者


こういう語句が出てきたと思います。


自立なのか、自律なのか、

意志なのか、意思なのか、

考える暇はなかったです。

とにかく、打ち始めたらその文章を正しい日本語の表記にして、句読点を打って一文を終わらせる。

それに集中しました。

試験終了後は、
USBメモリで試験を提出しました。

試験官の指示に従ってファイル名をつけます。

わたしたちのときは、ファイル名は受験番号でした。

パソコンに慣れていない方は、USBメモリに
IPtalkで作成した入力内容を保存する練習も必要です。

実技試験はあっという間に終わります。


来年、受験する方々にはぜひとも合格していただきたいです。


実技試験をこわがらないでください。

どこからでもかかってこいという気持ちで今から練習を積んでおいて。

緊張すると実力が発揮できませんからね。 










ソーシャルワークの倫理と価値
サラ・バンクス
法律文化社
2016-07-22




援助するということ―社会福祉実践を支える価値規範を問う
古川 孝順
有斐閣
2002-07


児島亜希子氏の動画がなかったのですが、「認知症の意思決定」(斎藤正彦氏)に関する動画を見つけてきました。

過去問の実技試験とは関係ない動画です。

意思決定の「意思」という字が、実技試験の過去問とは違います。

 

参考動画

YouTubeから↓

認知症の人の意思決定をサポートする




パソコンコースの講義では、スムーズな変換や単語登録についても教わりました。

(テキスト上巻P47


わたしはいままで文書作成のときは、一文(句読点を含むひとかたまりの文)を入力して一発変換していました。


その方が効率よく変換されると思っていたからです。


ところが要約筆記では、だいたい1~2文節ごとで変換して表示画面へ出すそうです。

先生の話では15文字くらいとのこと。
 

変換やミスタイプが修正しやすいからだそうです。

それに、利用者は話し言葉を文字として早く知りたいからです。

 

また、単語登録をすることも勧められました。

 

日本語入力ソフトの単語登録機能を活用して、よく使う単語を登録しておくと素早い変換ができます。

 

たとえば、「おはようございます。」「ありがとうざいます。」などの挨拶ことばや、よく使う障害者などの団体名、法律用語、聴力の検査値の指標であるdBなど。

 

わたしはパーレーンに入った数字を
(1)から10まで単語登録しています。
 

これを単語登録しておくと便利だよ、というのがありましたら教えてください。

参考動画

YouTubeから↓

Windows10 単語を登録する方法

英数字や記号の半角、全角を気にしたことがありますか?

 

きょうは、英数字や記号の表記の話しです。

(テキスト上巻P48

 

要約筆記では、英数字や記号の表記半角なのか、全角なのか、一定のルールに従って入力するのだと習いました。
 

複数の通訳者で行う場合はもちろん、単独で要約筆記するときであっても、表記のゆれがあっては利用者にとっては読みにくさにつながり、困ります。

 

しかし、話しことばを、ほぼ同時に入力するだけでも大変なのに、英数字や記号の表記にまで瞬時に判断して実行するとは、驚きの処理能力。

 

本当に現任者の技術はすごいものです。


わたしはまだ現場で要約筆記をしたことがないのですが、この技術を身につけようと日々練習中です。

半角全角などのルールは教科書に表に示されています。


実技試験を受けるときに、この知識は必須なので覚えるべきです。

参考動画

YouTubeから↓

半角全角と大文字小文字のお話

実技試験に必要な知識と技術です。

英数字や記号の半角全角のルールを覚えられそうですか?

そして瞬時に聞き分けて、正しく入力できそうですか?

 

わたしも練習を積んでいます。

来年2月の実技試験を受ける方々には、これらを覚えて自然にできるようになっていてほしいです。

 

(テキスト上巻P48

 

教科書をしっかりと見て、大事だと思うところは、ぜひ蛍光ペンでマーキングしてくださいね。

 

数字・英字1文字のときは、全角

例を挙げると

1  2  3  4  5


A  B  C  D  E

 


だけど数字2文字以上になると、2~4桁までは半角

 

例を挙げると

206803289

 

5桁以上の数字は漢字併用

例を挙げると


3万2300、4兆7000億、343000

 

英字は2文字以上では、基本的に半角だけど、略称のみ全角だそうです。


TPP、WHO


単位記号
も覚えてください。


例を挙げるとkm、cm

 

記号は、一般的に使われているもの


6人、30500Hz90dB、3

450円/km聞きたいことはなど。

 

実技試験では、これらの基準にそっていないと減点されると聞きました。

 

実は、わたし受験当日の朝に気づいて、冷や汗をかきながら頭に叩き込みました。


みなさんには焦らずに試験を受けていただきたいです。

 

2015年度の実技試験にも、資料の項目を示した数字がたくさん出てきたと思います。

 

おなじでも、1.1【1】などのバリエーションですぐ打てるようにしていた方がよいかも。

 

もしも、人口の推移とか、経済の動向をテーマとする音源だったら大変ですよ!

 

わたしは、数字の半角全角なんて、その場の雰囲気で書けばよいと受講前は思っていました。

でも、ルールに従うことは利用者のためになるんですね。

 

半角全角というルールが共通していると、表記のゆれがなくなり


見た目もきれいでストレスなく読めるのではないでしょうか。

 

いまでは、印刷物やテレビの字幕を見ていたら、あれは半角だろうか、全角だろうかとか、要約筆記とは少し違う表記だななどと考えながら見てしまうようになりました。

参考動画

YouTubeから↓

Windows8.1入門 第3回 キーボード操作の基本

パソコンコースでは、スラッシュは単語登録するようにと指導されました。
(テキスト上巻P49)

使う頻度が高いので、すぐに表出できるようにするためです。
 

スラッシュ全角()の単語登録の読みは、よく使う指のキーがよいと思います。

わたしは、あるキーを2回連続で叩いて変換しています。 


要約筆記では、

 

(話者の名前)/こんにちは。

 

というふうに、話し始めを書きます。

 

複数の話者がいるときには、

 

(Aという名前)/何か質問は?

(Bという名前)/資料の1.についての意味をもう一度教えてください。

 

というように、名前の後にスラッシュを入れる決まりがあります。

利用者にとって、いま誰の意見が文字化されているのか、(名前/)でわかるようにしてあります。


このように、スラッシュは使う頻度が高いのです。


いまのところ、過去問を見ても話者が複数という音源はないのですが、話者が1人でもスラッシュを入れると習ったので、実技試験本番でも以下のように書きだして要約筆記しました。

 

(講師の名前)/こんにちは。

 

わたしはまだ現場に出たことはなくて、現任者からお聞きした話ですが、複数の話者がいる会議に呼ばれていくこともあるそうです。
 

会議が白熱してくると、スラッシュの前に名前を入れることができないほど速く会話が流れるときもあるそうです。

そんなときは、少なくとも行頭にスラッシュを入れると、お聞きしました。

余談ですが、複数同時に話し始めるとお手上げだそうです。

また、(   )
パーレンは、

話者以外の音声情報、

たとえば、

(サイレン)

(チャイム)

というふうに言葉以外の表示をするときや、ルビを示すときに使うそうです。

 

要約筆記ならではの独特のルールがありますね。 

お役に立つかもしれない動画

YouTubeから↓

Windows10 単語を登録する方法

過去問に出た語句を、蛍光ペンで教科書にマーキングしてから受講することを提案しています。
 

このテーマの記事、何回も書いてすみません。

それに、記憶力がよい方には、この勉強法は向いていないと思います。

わたしは、何回やっても忘れる方なので、受験対策に蛍光ペンを便利に使っていました。

蛍光ペンでのマーキングは、過去問既出語句が中心。

それ以外の、解剖生理や言語学、法律などの専門用語、ご自分が苦手とする語句や大事だと思う箇所でもいいかもしれません。

それが本当の勉強法なのでしょう。

ただ、わたしは試験に合格しなければ要約筆記者として活動できないので、とにかく過去問既出語句に焦点をしぼってマーキングしました。 

合格しなければ、活動できません。 


活動するのが目的です。

だから、合格に焦点をしぼりました。
 

過去問は全要研の公式サイトで4年分公開されているのですから、受講時にすでに予習として見てよいと思います。


過去の試験問題を見てから受講してほしい理由がほかにもあります。

 

要約筆記者養成講座に通ってみて、この受験をするには、受講時間が足りないような気がしました。


個人的な印象ですが、要約筆記者って、専門学校などで1年から2年通って勉強してから受験資格を与えてもいいのでは、と思うくらいです。


それくらい、高い技術、高い知識が求められ、期待されていると思います。
 

短い期間の講義を終えた後に認定試験を受けるのですから、受講生側も試験に受かるために、何か対策をした方がよいと思います。

それに、わたしを含めて、受講生はみんな人生の半ばを過ぎた年齢層の人たちでした。

人生の時間は限られています。

浪人するのはもったいないです。


それで、わたしが行った作戦は、こうです。 


過去問を4年分ダウンロードして印刷。

(「解答用紙」の実物や「実技試験」なども全部。)


受講前に自分で教科書を調べて、「解答案」を実物の「問題用紙」に赤ペンで書きこむ。


(「問題用紙」の右隅余白に、教科書の該当ページを記入すると、あとで調べ直しに便利。)



受講前に、過去問に既出の「重要語句」を教科書に蛍光ペンでマーキング。

「文章」単位ではなく、できるだけ「単語」の単位でマーキングする。

重要語句を含む文章全体をマーキングすると、あとでどれが重要語句だったのかわからなくなります。

このマーキング方法は、重要語句を見て全体を想起するトレーニングができます。



マーキングのところに、鉛筆で何年に出題されたかを記入。

(こうしておくと、毎年のように出されている「頻出問題」がわかります。)



もし時間と余裕があれば、

過去問を解いてみる。 

実際の受験時間をタイマーで設定し、その時間内で解答できるように練習します。

これは受験直前によくやっていました。


 

「好みの勉強方法」、「やりやすい学習スタイル」や「持って生まれた脳の作り」は、人それぞれだとは思いますが、わたしは以上のような方法を提案しています。


教科書を、すみからすみまで正直に、真面目に読み、理解し、実践するのがまっとうなやり方なのはわかります。
 
でも、限られた時間で勉強し、要約筆記の活動しようと思ったら、とにかく合格しなければいけません。

正直に真面目に教科書を100回読んでやるのがいいと思う方には、それをおまかせしよう、わたしはちょっとずるいかもしれないけど効率的にヤラセテモラウカナ。
 

ダッテダッテ、あらかじめマーキングしたテキストを見ながら、講師の話を聞いた方が集中力がアップするし、記憶に定着すると思います。

だから受講前にマーキングするのを提案しています。 
 

ところで、”蛍光ペン”でネット検索していたら、こういう意見の記事を発見したのでご紹介します。

 

要約筆記者ではなくて、小中高生向けの勉強法などを解説している、とても内容のよいブログです。

 

この記事、わたしたちにも使える勉強法だと思いませんか?

では、ご紹介します。 

 

「あり」さんのブログで、
ブログタイトル「働きアリ」。
 

記事名:“essay 試験勉強の仕方と覚え方を考える(蛍光マーカーと記憶、文ではなくて単語で覚える)

↑リンクしています。
ご覧になりたい方は、色の変わっているところをクリックしてください。

参考動画
YouTubeから↓
マーカー学習法

話しことば書きことばの境目って何でしょうか?

(テキストP50
 

たしか、講師はその境目にはレベル……、グラデーションのようなものがあるというような説明をなさったと思います。

 

もう去年のことだから記憶に頼って書いています。

 

たとえば「書きことば」は、書籍とか報告書、車内アナウンス、デパートの館内放送など、修正を重ねて考え抜かれたもの、整った文章など。

 

その逆に、話しことばは喫茶店などでの女性のおしゃべりとか、テレビのバラエティーショーの会話などがイメージされます。

 

話題は行き当たりばったりで、文法的に乱れていても相手には伝わるのが話しことばというイメージがあります。

 

わたしの理解では多分、話しことば書きことばの中間にニュースでのアナウンサーの話し、選挙演説、講演会や講義などがあるでしょうか。

あらかじめ考えてあるけれど、ライブでどんどん変化していく感じ。

 

もしわたしが要約筆記するなら、おしゃべりが一番難しそうな場面だと思います。

 

わたしが家族や友人とおしゃべりしているときって、絶対に正しい助詞を使っていないし、主語と述語が対応していないこともよくあります。

 

それに、教科書にあるような無機能語、前置き、挿入句、接続詞が頻繁に入り、繰り返しや念押しもしているでしょう。

要約筆記するときに困ってしまう二重否定もよくやっていると思います。

考えられなくもない、など)


しかも、固有名詞などがすぐ出てこないときは「あれが」など指示語もよく使ってしまいます。

 

もし、自分の話しを一字一句、文字に起こしたらつじつまの合わない、まったくおかしな文章だろうなぁ。

 

でも、聞こえる人はその話を聞いて、ほぼ同時に頭の中で処理してくれてわかってくれる。


そして返事を返してくれる。

 

文法的にはおかしい話しことばなのに、聞き手の脳の中でうまく処理してもらっているから会話のやりとりが成り立っています。

 

聞こえに困っている利用者のための要約筆記ではそうはいかないのです。


「速く正しく読みやすく」音声を文字言語に通訳しなければいけません。

 

そのテクニックとして、まずは「聞き分け」「そぎ落とす」を教えていただきました。

これは初心者でも、話しことばの分量を減らす第一歩になります。


話しことばの要約 要約筆記の探求から
三宅初穂
(特非)全国要約筆記問題研究会
2012


少し参考になるかもしれない動画

YouTubeから↓

話すのが苦手な人の失敗例「書き言葉で話す」

赤い文字は過去問既出語句です。(20112014年度)

教科書に蛍光ペンでマーキングをどうぞ。

 

(テキストP50

要約筆記は、文章を最後まで読む要約と同じですか?×


要約筆記に適さない
のは何?


原稿の棒読みや、詩、歌、
は要約筆記に適しますか?×

では、それらはどのような方法で対応しますか?


板書や資料配付
するなどの対応をするのはどういうときですか?

 

次のページ。

 

要約筆記の初歩のテクニックとして何がありますか?


聞き分け、そぎ落とす
ことは要約筆記の初歩のテクニックですか?


ひとやすみするための動画

YouTubeから↓

猫に触りたいオウム

要約筆記ならではのテクニックに関する基本的な技術について学びました。


(テキスト上巻P52

(テキスト上巻P58を含む)
このころは、早く実技練習をしたいけれど、要約筆記についての机上の勉強ばかりが続いていました。

 

でも、「そぎ落とし」や「省略」など、習う内容が具体的になってきて、早くそれをやれるようになりたいとワクワクしていました。

 

とにかく話しことばを一言一句、そのまま速く入力すればいいんじゃないの?という受講し始めのころの考えを変えることができました。

 

このページには、ちゃんとした根拠をもとに要約筆記の「話しに追いつく同時性」を実現させるためのテクニックがたくさん書いてあります。

 

聞き分けて、意味をつかみ取り、淡々と処理する技術を身につけたいと思いました。

 

同時に動くワンちゃん

YouTubeから↓

Dog Whisperer: Trainer Walks Pack Of Dogs Without A Leash

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

赤い文字は過去問既出語句です。

20112014年度)


教科書に蛍光ペンでマーキングをどうぞ。

 

時間があるときに、黒い文字を合わせ読んで答えを考えてみてください。

ヒントは、すぐ近くの行にあります。

 

(テキスト上巻P52
(テキスト上巻P58を含む)

話しに追いつく同時性は、言い換えると何ですか?

 

話し終わりと表出(書き終わり)を近づけることを言い換えると何ですか?

 

そぎ落としの2つにはどういうものがありますか?

 

削除、省略の2つは何のテクニックですか?

 

テキストに、省略するのはどんな語句と書かれていますか?

 

省略というテクニックで聞き分けて文字化しない品詞などは何?

 

要約筆記では、副詞(副詞的用法も含む)、無機能語、接続詞、感動詞などの品詞は文字化しますか?

 

話しことばによく使われますが、それを抜いても何を言おうとしているかわかる「品詞」は何?

 

副詞を抜いても話しことばの意図が理解できますか?

参考動画

YouTubeから↓

〔国語・文法〕 副詞、連体詞 -オンライン無料塾「ターンナップ」-

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }