要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:よどみない話し方

要約筆記の勉強用音源にいかがでしょうか

無機能語がとても少なく、早口ですが、よどみのない話し方です。

(無機能語とは、「あー、まぁ、そのー、えー」など、ほぼ意味のないことば。)

言いさしや言い直し、口癖もないです。

語尾が明確です。

話し手は、ほとんど原稿は見ていないですが、書きことばにとても近い話し方だと思います。 


キッチンタイマーを5分に設定して、肩の力抜いてGO

YouTubeより↓
目の前の現実を変えるために必要な「7つの知性」~多摩大学大学院教授・田坂広志氏
   

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします! 

すべては導かれている: 逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟



要約筆記の練習音源にいかがでしょうか。

突然、ある聞き慣れないことばがカタカナで出てきます。

まだ多くの人が知らない最先端のことばです。

新しいことばに突然出会うことは要約筆記の練習になると、わたしは思います。

数字などがたくさん出てきます。

週間前、○曜日など。

国名、企業名、アルファベットの役職名も出てきます。


孫正義氏が会場の参加者に問いかける場面があります。

そのとき、聴者はすぐリアクションしています。

そのようすを見て、話者が話を展開していきます。

もしこれが、要約筆記だったらと考えてみてください。


要約筆記者は、話者の問いかけを、すみやかに利用者に対して文字で伝える必要があります。


聴覚障害者である利用者が、その問いかけに「挙手する」など、すぐ行動ができるかどうかは、要約筆記者が文字化するかどうかにかかっています。


では、5分間のタイマーをセットして、練習をやってみませんか。

 


YouTubeよりリンク

SoftBankWorld 2016】 基調講演 孫 正義


 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。  

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }