要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:カタカナがたくさんある音源

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

わかりやすい、ゆっくりとした話し方。


でも、アルファベットで表された企業名などが急に出てきます。

 

YouTubeより↓

有馬利男氏
グローバル・コンパクト・ネットワークジャパン
  

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

20分の動画。

 

過去問の傾向とは違う音源です。

 

話し手は女性。

 

フラワーアレンジメントを説明している、わりと自然な話し方。

5分間だけ、練習してみませんか。

 

YouTubeより↓

ラウンド 初版
 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

過去問の傾向とは違う動画です。


タイトルを見てもおわかりかと思いますが、何か食べている人は閲覧注意。

 

でも、吐物は青い色の液体です。

 

いわゆる「書きことば」。

 

説明口調の音源。

 

ノロウイルスなど、感染予防のマニュアルのような動画です。

 

消毒薬の名前がいきなり出てきますよ。

 

入力変換できますか?(書けますか?)

 

 

 

YouTubeより↓

実践で学ぶ嘔吐物処理
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。 

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

過去問とは傾向が違いますが、料理の動画をときどき記事にしています。

材料名の中に数字がたくさん出てくるからです。

わたしも実際にやってみました。

はきはき明るい話し方ですが、材料名のところは難関でした。

数字の技を鍛えられます。
 

 

YouTubeより↓

【友加里】骨つきお肉!スコッチエッグ!

~クリスマスたまごレシピ~-Merry Christmas-
  

 全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。 

要約筆記の練習用音源にいかがですか。


YouTubeで「南極」と「講演」の2つのことばをスペースで開けて検索してみたら、この動画がピックアップされました。


みなさんも、「好きなことばや興味のあること」+スペース+「講演」で探してみると、自分好みの練習音源を探せますよ、きっと。


この動画は、ゆっくりとわかりやすい話し方です。

スクリーンを参照できるので、要約筆記独特の技術が使えます。

でも、専門的な学術用語がいっぱい出てくるかも知れませんよ。

カタカナ語も出ますので、苦手な人は覚悟しておいてください。

 

YouTubeより↓

南極&北極の魅力 講演会 第4回
- 南極の生態系と環境保護 -
講師:渡辺 研太郎
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

練習用の音源にどうでしょうか?


話し方は、すごく聞き取りやすい、きれいなことば。

しかし内容は、手強い。

挫折する練習しますか?



YouTubeより↓
中田力氏 暦日会講演CD
<脳科学者が遺伝子人類学から読み解く古事記・日本書紀の真意>

  
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。  

実技試験の音源練習というには軽すぎる話題かもしれませんが、楽しく幸せな気分の動画。

ケーキの作り方です。

5分以下で練習できます。

IPtalk(アイピートーク)を早速開いてやってみましょう。

ブラウザを半分の大きさにして、IPtalkと動画画面を並べてもいいかもしれません。

音声だけ聞いても十分やれると思いますが。 


材料名はゆっくりと話しているのですが、やはり数字や個数が出てくると追いつくのが難しいです。


わたしも材料名と調理方法を入れるのがせいいっぱいでした。


カタカナが苦手な方、練習になると思いますよ。

 

YouTubeから引用↓

かわいすぎる本格派!
シャルロットケーキの作り方
| How to make Charlotte cake.

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします!


要約筆記の練習音源にいかがでしょうか。

突然、ある聞き慣れないことばがカタカナで出てきます。

まだ多くの人が知らない最先端のことばです。

新しいことばに突然出会うことは要約筆記の練習になると、わたしは思います。

数字などがたくさん出てきます。

週間前、○曜日など。

国名、企業名、アルファベットの役職名も出てきます。


孫正義氏が会場の参加者に問いかける場面があります。

そのとき、聴者はすぐリアクションしています。

そのようすを見て、話者が話を展開していきます。

もしこれが、要約筆記だったらと考えてみてください。


要約筆記者は、話者の問いかけを、すみやかに利用者に対して文字で伝える必要があります。


聴覚障害者である利用者が、その問いかけに「挙手する」など、すぐ行動ができるかどうかは、要約筆記者が文字化するかどうかにかかっています。


では、5分間のタイマーをセットして、練習をやってみませんか。

 


YouTubeよりリンク

SoftBankWorld 2016】 基調講演 孫 正義


 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。  

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }