要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:ノートテイク

今までYouTubeから動画を引用した記事を、たくさん書いてきました。

 

その中から、「手書き要約筆記」のようすの動画だけをまとめました。

 

聴覚障害者がどのように手書き要約筆記を利用しているかイメージがつかみやすいと思います。

 

手書きコースを目指している方、手書きとパソコンどちらにしようか迷っている方、一度見てみませんか。

 

貼り付けた動画は、作成者の設定により、当ブログからは直接見ることができないものもあります。

 

動画画面をクリックすると、下記のような文章が出てきます。画面上の、下線部をクリックしてください。


 

この動画はYouTubeでご覧ください

他のウェブサイトでの再生は、動画の所有者によって無効にされています。

 

 

動画の画面右下のYouTubeのマークをクリックしても見られます。

5つの記事へリンクしています。


過去の記事へリンク↓

【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 病院に行く


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 手続きや問い合わせをする


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイクと全体投影 講習会に参加する


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 話し合いをする
 


【YouTubeから】手書き要約筆記:全体投影

YouTubeより↓

要約筆記って、なに?
平成21年度岸和田市テレビ市政だよりで作成(平成22年3月放映)


手書き要約筆記のようす。

 

4つの動画があります。

 

自治会の定例会、

家庭裁判所の調停、

親族(冠婚葬祭など)、

職場の上司。

 

YouTubeより↓

話合いをする 自治会の定例会で 要約筆記

  


 

話合いをする 家庭裁判所の調停で 要約筆記 




話合いをする 親族と(冠婚葬祭など) 要約筆記
 

 



話合いをする 職場の上司と 要約筆記
   

手書き要約筆記のようすの動画を2つ。


体験型講座(ノートテイク)と教養講座(全体投影)。



YouTubeより↓

講習会に参加する
 公的機関主催の体験型講座で
 要約筆記



講演会に参加する
 公的機関主催の教養講座で
 手話通訳・要約筆記
  

手書き要約筆記のようす。

 

三者面談と、会議。

 

YouTubeより↓

話合いをする
 学校の三者面談で
 要約筆記

 

話合いをする
 福祉団体の会議で
 手話通訳・要約筆記
  

手書き要約筆記のようす。

 

携帯電話ショップと、銀行の2つ。

 

YouTubeより↓

手続や問合せをする
 携帯電話ショップで
 要約筆記


手続や問合せをする
 銀行で
 要約筆記


手書き要約筆記のようす。
 

病院の場面を2つ。

 

YouTubeより↓

病院に行く
 自分が受診する
 要約筆記



病院に行く
 家族の受診に付添う
 要約筆記
  

2011年から2014年度までの過去問に出てきたことばを赤字で示します。

 

まずはお好きな色の蛍光ペンでテキストにマーキングしてから受講することを提案しています。

2015年度は編集中です。

 

ただひたすら赤字を教科書にマーキングしてください。

 

次に、時間があれば黒字の文字も読んで答えを想起してください。

 

答えのヒントは、すぐ近くの行にあります。

 

本当は受講前にマーキングしてほしかったのですが、もうみなさんの地域ではカリキュラムを修了されているかな?

 

(テキスト下巻P52

 

利用者の隣で手書きしたりパソコン入力する方法を何といいますか?

 

→ノートテイク

 

 

ノートテイクとは、何人の利用者に対して行われるものですか?
 

→1人から2人の少人数。
 

 

ノートテイクの利用者は不特定ですか?
 

→いいえ、特定の利用者です。

 


ノートテイク
は、公開されるものではないから気軽に行えますか?
 

→いいえ、非公開だとしても、責任の重い要約筆記の活動です。

 



(テキスト下巻P53

 

利用者が1人、要約筆記者が2人の場合、基本的に要約筆記者はどのような座席配置で座りますか?

 


要約筆記者が2人の場合、基本的に利用者を挟んで座る情報保障を何といいますか?


ノートテイク

 



(テキスト下巻P56

 

ノートテイクでの利用者の視線移動は、全体投影に比べてどうなりますか?

 

→広範囲に動きます。

 



(テキスト下巻P57

 

表内に視線移動、上下左右という文字があるのを確認してください。


ページ下の方の⑤疲労度にも広範囲と書かれていますね。

テキスト下巻P66

手書き要約筆記と、パソコン要約筆記のコースに分かれての講義でした。

 

パソコンコースでは、ノートテイクのための「表示用パソコン」の設定を習いました。

 

利用者が見るパソコンが「表示用パソコン」です。

 

要約筆記者の入力用パソコンと、利用者が見る表示用パソコンはLANケーブルでつなぎます。

 

入力用パソコンの画面と、利用者が見る表示用パソコンの画面は全然違います。

 

表示用パソコンは、文字だけが表示されます。

 

しかも、それは利用者の好みの大きさとフォント、背景色です。

 

自分のパソコン」を見せるときのIPtalk(アイピートーク)の設定方法も学びました。

自分のパソコンを見せる要約筆記というのは、入力表示も、要約筆記者のパソコンひとつでやるということです。

1人の要約筆記者が、ノートテイクに派遣されたときに、この設定で活動するそうです。

 

ふだん、要約筆記者は自分の好きな画面設定で入力しますが、利用者に見せる画面は利用者が見やすいように設定します。

 

IPtalkには、それらの設定を保存して、読み込む簡単な機能があります。

 

最初にIPtalkをインストールしたときは四苦八苦しながら使っていました。

ですが、使うほどに、このソフトの多彩な機能に惚れこみそうです。

おまけ動画

YouTubeより↓

ITパスポート試験ワンポイント講座「LANって何?」

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }