要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:モンゴル

要約筆記の練習用音源にいかがですか。


わかりやすい話し方。


自然な話しことばから始まります。


とても親切で、打ち解けた話し方。


これは、語尾や言い回しなど、要約筆記が活かせる部分がたくさんあるのではないでしょうか。


難解な外国語や人名など、講師が本格的に発音すると入力や手書きは難しいと思います。


できるところだけでも、ちょっと要約筆記の練習をしてみませんか。


資料のどこを説明しているか、親切に説明してくれている話し手だと思います。

 

YouTubeより↓

2014年8月2日
「モンゴル近現代史講演会」講師 萩原守先生
 
  

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

典型的な講演の出だしだと思います。

 

昨年度に出題されたひとつめの音源も、会場の心をほぐすためなのか、親しみのあるエピソードを織り交ぜた自己紹介がありました。

 

学者の優しい雰囲気の話し方。

 

8分くらいの音源。

 

YouTubeより↓

モンゴル研究家 今岡良子さんの自己紹介

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }