要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:全体投影

今までYouTubeから動画を引用した記事を、たくさん書いてきました。

 

その中から、「手書き要約筆記」のようすの動画だけをまとめました。

 

聴覚障害者がどのように手書き要約筆記を利用しているかイメージがつかみやすいと思います。

 

手書きコースを目指している方、手書きとパソコンどちらにしようか迷っている方、一度見てみませんか。

 

貼り付けた動画は、作成者の設定により、当ブログからは直接見ることができないものもあります。

 

動画画面をクリックすると、下記のような文章が出てきます。画面上の、下線部をクリックしてください。


 

この動画はYouTubeでご覧ください

他のウェブサイトでの再生は、動画の所有者によって無効にされています。

 

 

動画の画面右下のYouTubeのマークをクリックしても見られます。

5つの記事へリンクしています。


過去の記事へリンク↓

【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 病院に行く


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 手続きや問い合わせをする


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイクと全体投影 講習会に参加する


【YouTubeから】手書き要約筆記:ノートテイク 話し合いをする
 


【YouTubeから】手書き要約筆記:全体投影

YouTubeより↓

要約筆記って、なに?
平成21年度岸和田市テレビ市政だよりで作成(平成22年3月放映)


模擬的に、要約筆記者の活動をする現場実習をしました。

 

会場は使い慣れたところで、半日がかりでやりました。

 

いつも指導してくださる講師は遠目で見守ってくれていました。

 

与えられた設定の中、受講生が主体となって動きました。

 

利用者の座る位置や、会場の構造をふまえて自分たちの座る場所を決定。

お互いのパソコンをLANケーブルで接続。

そして、表示用パソコンの設定、プロジェクター、スクリーンなどの準備から要約筆記の全体投影の実施までやりました。

 

緊張の中、あたふたしながらの実習。

実力は半分も発揮できないありさまでした。

 

練習不足を痛感。

 

あー、こういう講義をあと5回くらい繰り返してもらったら、ちゃんとできそうなのに!というフラストレーションを感じました。

 

それに加えて、自信のなさが足を引っ張っていたかもしれません。

 

練習不足が自信のなさを生み出すのでしょう。

 

いま、思い返してみると、「やればできる」という気持ちを持つことが大事なような気がします。

 

でも、こんな大がかりな講義、開催者側も大変だったでしょう。

 

本当にお世話になりました、という気持ちでした。

 

要約筆記は本当に難しいと思いました。

 

この日の挫折感は大事な勉強として忘れないようにしたいです。 

おまけ動画

YouTubeから↓

ちょっと悲観的なほうが、挫折しにくいことが判明。なぜかというと・・・ by メンタリスト DaiGo


パソコン要約筆記の全体投影はどういうものか。

 

映像を探してきました。

 

YouTubeより↓

要約筆記とは?

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }