要約筆記者になりたい

要約筆記は、聴覚障害者のための情報保障の手段のひとつです。

聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の【練習用の音源】を、たくさんご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、
【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、
試験既出の重要語句を赤字で示しています。
受講の前に、重要語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。
試験直前では遅すぎます。
早めに試験対策をしてください。

多くの要約筆記者が誕生して、
聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:哲学

要約筆記の練習用音源にいかがですか。


中田敦彦氏が、西洋哲学史について解説しています。



哲学って難しい印象がありますよね。


でも、そこはプロの芸人の語り。


早口の語りですが、とてもわかりやすい。


板書参照がある音源。


きょうは、3本の動画を、まとめてご紹介します。


最初の5分だけでも、

要約筆記にチャレンジしてみませんか。


それぞれ約21~23分の動画です。



ところで、

最近、この本を読んだのですが、
めちゃくちゃおもしろかったです。


このサイトにお越しいただいている、
みなさんにもおすすめしたい!




YouTubeより↓

【西洋哲学史①】〜時代の常識を疑え〜

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY




【西洋哲学史②】〜神から人へ キリスト教と西洋哲学〜

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 






【西洋哲学史③】〜現代社会をどう生きるか?幸福とは何か〜

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY


 

 

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします






哲学のタグがついた記事へ↓

 


要約筆記の練習用音源にいかがですか。


さとる氏が、哲学について語っています。


ゆっくりした男性の話し方。


哲学の話題とはいえ、

難解なことばは出てきません。



約7分の動画。


要約筆記にチャレンジしてみませんか。





YouTubeより↓

【哲学入門】子どもは私たちの哲学の先生です【さとる哲学ナビゲーター】

P4Radio 哲学ナビゲーター

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします




哲学のタグがついた記事へ↓


要約筆記の練習用音源にいかがですか。


宮澤悠維氏が、子ども哲学について公開している動画。

大人と子どもが、複数で対話している形式の音源です。


話し手は、小学校教師。


哲学といっても、難しいことばは出てきません。




14分の動画。


最初の5分間だけでも、要約筆記の練習にとりくみましょう。



YouTubeより↓

【全校種・どの家庭にもおすすめしたい!】

「子ども哲学」

宮澤悠維教育研究所


全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします

 




哲学のタグがついた記事へ↓



要約筆記の練習用音源にいかがですか。

九州大学オープンキャンパスの公開講義のようすです。


演者は、九州大学の教授。

中国哲学が、ご専門だそうです。


ですので、「孔子」「論語」という単語が出てきます。

漢詩らしきものの朗読も少しあるので、やや難しめの音源。


オープンキャンパスだから、聴衆は高校生。

高校生を対象とした文学部講座「哲学」の講義です。




板書の参照を用いながら、やさしい口調で、ゆっくりと語りかけています。

「学ぶということ」はどういうことか、聴者に問うところから始まる講義。



28分の音源。

最初の5分だけでも、がんばってみませんか。

 

YouTubeより↓

高校生のための文学部講座「哲学」

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします



















要約筆記の練習用音源にいかがですか。

過去問の傾向とは違う動画です。



子どものための哲学が、近年注目を集めているのだと、この動画を見たときに初めて知りました。


わたしが、子どものときは、「自分の意見」を言えるような授業は、なかった。

確か、なかったと思います。



いまの子どもたちを見ると、その点については、うらやましいと思います。

 


この動画では、小学校4年生〜6年生のこどもたちと先生が対話しています。


冒頭の紹介の部分は、内容紹介のナレーション。

だから「書きことば」から始まり、「話しことば」に続きます。



要約筆記の経験が初心者の方向けの動画だと思います。


対話型の音源は、過去問にはないので、その点はおことわりしておきます。


みなさまが合格されることを、とにかく応援しています!

フレー!フレー!

深呼吸して挑みましょう。




14分の動画。

最初の5分間だけ、やってみませんか。

YouTubeより↓

こどものための哲学
philosophy for childrenp4c
やりかた紹介


全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします


















 


要約筆記の練習用音源にいかがですか。

過去問の傾向とは違う動画です。



先生と中学生たちが、「哲学」についての授業を対話型で行っています。


要約筆記者の試験の過去問では、複数の話者が出てくる問題はありませんでした。

だから、受験用には適していないかもしれません。

そこをふまえて、練習してみてください。



ひょっとしたら、先生のことばだけ要約筆記してみるといいかもしれません。

その方が、間があくので考えて修正しながら練習できると思います。

みなさまが合格されることを、とにかく応援しています!



12分の動画。

最初の5分間だけ、やってみませんか。

パワーポイントの画像は、不明瞭ですのでおことわりしておきます。


YouTubeより↓

対話型授業
「中学生のための哲学教室」

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします

 
















中学生からの対話する哲学教室
シャロン・ケイ
玉川大学出版部
2012-04-12