話しことば書きことばの境目って何でしょうか?

(テキストP50
 

たしか、講師はその境目にはレベル……、グラデーションのようなものがあるというような説明をなさったと思います。

 

もう去年のことだから記憶に頼って書いています。

 

たとえば「書きことば」は、書籍とか報告書、車内アナウンス、デパートの館内放送など、修正を重ねて考え抜かれたもの、整った文章など。

 

その逆に、話しことばは喫茶店などでの女性のおしゃべりとか、テレビのバラエティーショーの会話などがイメージされます。

 

話題は行き当たりばったりで、文法的に乱れていても相手には伝わるのが話しことばというイメージがあります。

 

わたしの理解では多分、話しことば書きことばの中間にニュースでのアナウンサーの話し、選挙演説、講演会や講義などがあるでしょうか。

あらかじめ考えてあるけれど、ライブでどんどん変化していく感じ。

 

もしわたしが要約筆記するなら、おしゃべりが一番難しそうな場面だと思います。

 

わたしが家族や友人とおしゃべりしているときって、絶対に正しい助詞を使っていないし、主語と述語が対応していないこともよくあります。

 

それに、教科書にあるような無機能語、前置き、挿入句、接続詞が頻繁に入り、繰り返しや念押しもしているでしょう。

要約筆記するときに困ってしまう二重否定もよくやっていると思います。

考えられなくもない、など)


しかも、固有名詞などがすぐ出てこないときは「あれが」など指示語もよく使ってしまいます。

 

もし、自分の話しを一字一句、文字に起こしたらつじつまの合わない、まったくおかしな文章だろうなぁ。

 

でも、聞こえる人はその話を聞いて、ほぼ同時に頭の中で処理してくれてわかってくれる。


そして返事を返してくれる。

 

文法的にはおかしい話しことばなのに、聞き手の脳の中でうまく処理してもらっているから会話のやりとりが成り立っています。

 

聞こえに困っている利用者のための要約筆記ではそうはいかないのです。


「速く正しく読みやすく」音声を文字言語に通訳しなければいけません。

 

そのテクニックとして、まずは「聞き分け」「そぎ落とす」を教えていただきました。

これは初心者でも、話しことばの分量を減らす第一歩になります。


話しことばの要約 要約筆記の探求から
三宅初穂
(特非)全国要約筆記問題研究会
2012


少し参考になるかもしれない動画

YouTubeから↓

話すのが苦手な人の失敗例「書き言葉で話す」