守秘義務

2016年12月04日19:25【重要語句】要約筆記者のあり方

2011年度~2014年度の試験既出語句は赤字です。

 

真っ白な教科書よりは、マーキングの色がある方が「大事なことば」に注意喚起されやすいと思います。

 

今年度は、もう養成講座が終わってしまいましたか?

 

今からでも、チェックすれば、受験勉強の時間短縮につながると思います。

 

この記事の赤字で示したところだけライン引きをお勧めします。

 

テキスト下巻P83 

 

要約筆記者は利用者などの秘密や情報に関する「何」を負っていますか?

 

→守秘義務

 

テキスト下巻P85
 

欄外のソーシャルワーカーの倫理綱領も読んでおくといいかもしれません。

参考動画

(ケアマネージャーさんたちの話しですが、参考になると思います)

YouTubeから↓

介護業界で禁止されてはいるが、ついついやってしまいがちなこと



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月11日09:10【重要語句】場面対応

2011年度から2014年度の過去問題に出題されている【重要語句】です。

 

とにかく赤字のところだけ、テキストに蛍光ペンでマーキングする勉強法です。
 

もう、カリキュラムが終了している地域が多いと思います。

 

受験勉強の合間に読んでくださるとうれしいです。

 

時間のある方は黒字も合わせ読み、答えを想起してみてください。
 

 

(テキスト下巻P60)

 

ノートテイクの場面対応には、個別の対応と要約筆記者としての普遍的対応があります。

 

利用者の主体性を損ねない対応大事です。

 

介助者ではないことを意識して行動します。

 

普遍的な対応とはどういうことでしょうか。

 

要約筆記者によって派遣時にまるで違う対応をされたら依頼者はどう思うでしょうか。

 

どの登録要約筆記者が派遣されても同じレベルの能力と対応ができることは大切です。
 

それが制度への信頼を生み出すのです。

 

要約筆記者には、守秘義務があります。

 

その場の情報を流出させないというのは、欄外にもあります。

 

通訳した用紙やログを流出してはいけません。

 

とても厳しいものです。

参考動画

YouTubeから↓

バイスティックの7原則 秘密保持の原則



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月14日22:23【重要語句】チームワーク

2011年から2014年度までの過去問に出てきたことばを赤字で示します。

 


受講前に、お好きな色の蛍光ペンでテキストにマーキングしてから受講することを提案しています。

 

ですが、もう受講後かもしれませんね、この時期は。

 

2015年度は編集中です。


 

 

下巻P29P31


スクリーンのセッティングにはどのような配慮が必要ですか?

 

利用者の視線移動が少ない位置

 

 



下巻P38



交代
は、なぜ必要なのでしょうか?

 


集中力が落ちる前
に「何という役割」が交代しますか?

 


メイン(という役割)

 



それは、チームとして「何」をするという観点から重要ですか?

 

情報保障

 





下巻P40 

前ロールを簡単に説明してみてください。

 


前ロール
に書き、用意しておくのはどういう文章ですか?

 


歌詞、引用文、
代理で読み上げるあいさつ文などはリアルタイムで入力しますか?

 


現場での(会場全体の)チームワークでは、どのような人たちと関わりますか?

 

主催者・司会者・講演者・ほかの通訳者など。

 





下巻P42

 


現場での情報を外部に漏らさない「何」によって要約筆記の信頼性が保たれますか?


守秘義務

 



下巻P47と下巻P51 



対応力の育成
は大事なところなので、じっくりと読んでいただきたいです。

 



「詩」
の引用は要約しますか?


要約する意味がありません。
 




下巻P50



ここにも前ロールについての記載があります。


歌詞・引用文、
代読で読み上げるあいさつ文は現場でリアルタイムで入力しますか?
 

前ロールにする。



このエントリーをはてなブックマークに追加