要約筆記者になりたい

要約筆記は、聴覚障害者のための情報保障の手段のひとつです。

聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の【練習用の音源】を、たくさんご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、
【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、
試験既出の重要語句を赤字で示しています。
受講の前に、重要語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。
試験直前では遅すぎます。
早めに試験対策をしてください。

多くの要約筆記者が誕生して、
聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:手話

要約筆記のウォーミングアップに、

こういう音源を使ってみませんか。


ゆっくりしたテンポの歌詞。


指の関節をやわらかくしてから、

本格的な要約筆記の実践をしてみましょう。


しなやかになった指で、

大事なことを伝えましょう。



これは、「歌詞」なので、

前ロールの練習にも使えます。


約5分の動画です。


前の記事も、同じ手話歌です。


こちらの記事に引用した動画は、

手話のダンスですが、字幕がついています。


字幕がないものとして、

練習するときにも使えます。




YouTubeより↓

【UDE JAPAN TV】
北村仁が香水を手話で踊ってみた
【神奈川「バーチャル開放区」】

UDE JAPAN TV

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします

 



パソコン要約筆記や、

手書き要約筆記の練習を始めたよ!
っていうみなさま。

 

テンポがゆっくりしたバラードで、

歌いながら練習してみませんか。


緊張で凝り固まった意識をとろけさせ、

10本の指をやわらかく使いましょう。


そして、必要な神経だけを目覚めさせましょう。




集中。



手話も字幕もついた動画です。



感動的な手話歌。


練習するマインドに種火をくれる。



これは、「歌詞」なので、

前ロールの練習にも使えます。

 

約5分の動画です。


前の記事も、同じ手話歌です。


でも、こちらはフルバージョンなので少し長いです。



短めの動画で練習したい人は、


前の記事にもどってくださいね。



YouTubeより↓

香水/瑛人【手話歌バージョン】(字幕付き)

サインシンガー強力翔

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします




歌詞に出てくる

「ドルチェアンドガッバーナの香水」

DOLCE & GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ) ドルチェ&ガッバーナ ライトブルー オードトワレ フローラル フルーティ 単品 25mL








タッチタイピングや、
手書き
の練習に、

ゆっくりしたリズムで歌いながら練習してみませんか。

指の関節をほぐして、

神経をよみがえらせましょう。



字幕があります。


しかも、美しい手話つきです。

 

指の動きをなめらかにするために、

すこしでも練習しましょう。



これは、「歌詞」なので、

前ロールの練習にも使えます。


約2分の短い動画です。



YouTubeより↓

「香水」
瑛人 Covered by HANDSIGN TATSU 手話歌ver.


全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします


要約筆記の練習用音源にいかがですか。


過去問の傾向とは違う動画です。



男性が手話をまじえて話しています。


とてもわかりやすい話し方ですよ。


要約筆記の初心者の方に、ぜひとも、ぜひとも、練習していただきたい音源。


約9分の動画。


 


この動画を配信しているチャンネルは、こちら↓

くらげちゃんねる


 



くらげさんの公式ブログ↓






YouTubeより↓

聴覚障害者あるある3選!

くらげちゃんねる

 

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします


 




















いま、各地の自治体などの広報で、要約筆記者養成講座や体験講座などの募集を見かけます。


でも、それを目にした、ほとんどの方は「要約筆記」ってなんだろうと思っていらっしゃるのではないでしょうか。


過去のわたしもそうでした。


過去の記事へ↓

 


要約筆記とは、簡単にいうと「話しことばを文字にして、聴覚障害のある方に伝える」ことです。


特に、中途失聴などの聴覚障害者の多くは、手話を言語としていません。


そういった方々に、その場の情報をできるだけ文字にして、「見える化」するのが要約筆記です。


「話しことば」というのは、もし全部を文字にすると膨大な量になります。


それを要約筆記では、要約筆記者が耳で聞き取ったことばを、リアルタイムに「要約」して正しい意味を残したまま、すばやく文字にします。


聴覚障害者は、その文字を見て、考えて、意見を持つことができます。


本当の意味で、「参加する」ことができるのです。



この辺までは、講座で習ったことを、かみくだいてお話ししました。

 


それで、その先のことをわたしは想像してみました。


「参加する」ことができたら、要約筆記の文字を見た聴覚障害者たちは、次になんらかの行動を起こします。


ひょっとしたら世の中の流れを変えるくらいの影響力を持つことができるかもしれません。


聴覚障害者たちにも生きやすい世界になったら、わたしも幸せを感じます。




少しでも「要約筆記」に関心をお持ちの方は、体験でもいいですから地元の要約筆記者養成講座や体験会に申し込んではいかがでしょうか。









YouTubeより↓

要約筆記とは?

チャンネル名:要約筆記とは?

 


YouTubeより↓

病院に行く 家族の受診に付添う 要約筆記

チャンネル名:KOBATOKAN

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします



全要研(全国要約筆記問題研究会)の「要約筆記とは」↓



Wikipediaの要約筆記のページ↓





要約筆記の練習用音源にいかがですか。

過去問の傾向とは違う動画です。



こどもたちは、タイタイ君とレンレン君というそうです。


手話を交えて、明るくはきはきとユーモラスに話しています。


整った「書きことば」のところがほとんどですが、自然な「話しことば」が入り混じっています。


3分未満の動画。


YouTubeより↓

タイレンの手話講座「挨拶」

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします






聴覚・言語障害について一般の人に分かりやすく説明されています。

わたしは、要約筆記者養成講座を受ける前は、ろうあ者と難聴の方の違いがよくわかりませんでした。


みなさんはどうですか?


YouTubeから↓
まず、知ることからはじめましょう
障がいのこと(聴覚・言語障がい)

とっとり動画ちゃんねる

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

冒頭で少しびっくりされるかもしれません。

ゆっくりした話し方。

約3分の音源。



YouTubeより↓

伝わる!伝える!聴覚障がい者の情報保障
/筑波技術大学 若月 大輔 先生【夢ナビTALK】


全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします



赤い文字は過去問既出語句です。

20112014年度)

受講前の予習のときに、ただ淡々と赤い文字だけテキストに蛍光ペンでマーキングをどうぞ。

 

受講時は、そのテキストを見ながら講師の話を聞いてみてください。

 

受講後、時間のある方は、黒い文字も合わせ読み、答えを想起してみてください。


ヒントは近くの行にあります。

 

(テキスト上巻P74

 

このP74は「ろう運動史・ろう教育史」ですね。

 

このページには、過去問既出語句は今のところ見当たりません。

でも、知っておくべき内容なのでじっくり読んでください。

 

次のページ。

 

1990年身体障害者福祉法一部改正され、「何」施設の設置が盛り込まれましたか?

 

聴覚障害者情報提供施設の設置が盛り込まれたのは、「何」一部改正されたときですか?

 

次のページ。

 

目で聴くテレビが気になるワードです。

 

過去問に「アイ・ドラゴン」という関連した語句が出てきます。

 

興味のある方は「目で聴くテレビ」「アイ・ドラゴン」でネット検索してみてください。

 

2006に「何」という条約採択されましたか?

 

西暦何年に「障害者権利条約」採択されましたか?

 

日本政府が、2007署名したのは「何」ですか?

 

「障害者権利条約」

 

「障害者権利条約」批准に向けての国内法整備のため、2010に「何」を設置しましたか?

 

「障がい者制度改革推進会議」

 

「障がい者制度改革推進会議」は西暦何年に設置されましたか?

 

2010

 

2011年、障害者基本法改正され、第3条に「何」が認められましたか?

 

言語(手話を含むという記載がなされたのは「何」という法律が改正されたものですか?

 

言語としての手話が認められた「障害者基本法改正」は西暦何年ですか?

 

次はずっと飛んで、テキスト上巻P81

 

欄外聴覚障害者情報提供施設制度化

を確認してください。

 

また、本文の中に障害者権利条約、インクルージョンということばが出てきます。

 

 

わたしたちに配付された2015年度の受験案内によると、「第7講」は出題範囲ではありませんでした。

でも、試験にも出てきた大事なことばがありましたので記事にしました。

参考動画

YouTubeから↓

ソーシャルインクルージョンの理念について理解しよう!~介護福祉士国家試験合格対策無料講座~オフィスアイラーニング 

受講してみて初めてわかったこと。

わたしは、聴覚障害者の多くは手話を使えると思っていました。

しかし、きょう習ったことによると手話を日常のコミュニケーション手段にしている方々は、聴覚障害者の中では20%以下なのだそうです。補聴器や人工内耳等の補聴機器の使用は

70%、筆談・要約筆記の利用が約30%です。

(厚生労働省 平成18年調査 複数回答)
手話が使われている割合の少なさに驚きました。




You Tubeから↓

手話レッスン 「あいさつ 1」
naochannel