要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:授業

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

冒頭5分だけでいいですよ。

 

余裕のある方は、最後までどうぞ。

 

実技試験の過去問とは、傾向が違う動画です。

 

でも、こういうのを練習してもよいのでは。

 

はきはき、きれいで聞き取りやすい話し方。

 

説明の中に、教師独特の繰り返しの表現があるので、そぎ落とせる部分がありますね。

 

あわてず、じっくりとやれる音源だと思います。

 

YouTubeより↓

中学受験 国語 ワンポイント講座 1
物語文 ~表現は同じなのになぜ意味が違う?!
  

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習用音源です。

過去の実技試験とは傾向が違いますが、お時間がある方はやってみては。

動画の中に、(何々参照)とできるものがたくさんあります。

この話し手は、黒板と電子黒板を使っていると思います。

すみません、わたしがこの左側のものをあまりみかけたことがないのです。

おそらく、この現場にいたら利用者の人と打ち合わせをしてどう表現するのか決めると思います。

たとえば、講師が左側の機器を使うときは(スマートボード参照)、右側の黒板を使うときは(板書参照)とします。

みなさんだったら、どんな風に要約筆記されますか?

YouTubeより↓

小学生国語 『主語、述語、修飾語』
 
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。


↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }