要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:日本国憲法

要約筆記の練習用音源にいかがですか。


過去問の傾向とは違う動画です。


書きことばに近い話し方。


画面を参照することを前提としています。


7分36秒の音源。


最初の5分だけでも、要約筆記してみませんか。


YouTubeより↓

人権思想 中学社会公民 人権と憲法1 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

この日は、法律の専門家がとてもわかりやすく講義をしてくださいました。

(テキスト上巻P62

 

憲法人権のこと、障害者に関する法律ができていく過程を習うことができました。

長い長い苦労と努力を積み重ねて障害者福祉に関する法律が成立されたんですね。

法律や社会福祉の知識は要約筆記者として当然持っておかなくてはなりません。 


しかし、この分野はわたしが最も苦手とする分野です。

法律や制度の名前がたくさん出てくるからです。


歴史の中で改正されたりして、変わっていく法律の名前をどうやって覚えたらいいのか悩みました。

これはもう受験の日の朝まで苦しめられました。


やはり、勉強法を工夫する必要があったんです。


予習時に蛍光ペンで過去問既出の【重要語句】をチェックしてから授業に臨み、受講後は【音読】などで記憶に定着させておけばよかったと思っています。


優秀な同期の受講生は、法律が制定されていく歴史の流れを、見事に図式化して覚えてらっしゃいました。


そういうアイデアもありだと思います。

受験直前に、これらの法律用語、制度に関する用語を頭に詰め込むのは無理です。

早めに手を打っておくべき。 

YouTubeより↓

小6が暗唱:日本国憲法前文!
THE CONSTITUTION OF JAPAN

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }