要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:男性の話し方

要約筆記の勉強用音源にいかがでしょうか

無機能語がとても少なく、早口ですが、よどみのない話し方です。

(無機能語とは、「あー、まぁ、そのー、えー」など、ほぼ意味のないことば。)

言いさしや言い直し、口癖もないです。

語尾が明確です。

話し手は、ほとんど原稿は見ていないですが、書きことばにとても近い話し方だと思います。 


キッチンタイマーを5分に設定して、肩の力抜いてGO

YouTubeより↓
目の前の現実を変えるために必要な「7つの知性」~多摩大学大学院教授・田坂広志氏
   

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします! 

すべては導かれている: 逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟



要約筆記の練習音源にいかがでしょうか。

突然、ある聞き慣れないことばがカタカナで出てきます。

まだ多くの人が知らない最先端のことばです。

新しいことばに突然出会うことは要約筆記の練習になると、わたしは思います。

数字などがたくさん出てきます。

週間前、○曜日など。

国名、企業名、アルファベットの役職名も出てきます。


孫正義氏が会場の参加者に問いかける場面があります。

そのとき、聴者はすぐリアクションしています。

そのようすを見て、話者が話を展開していきます。

もしこれが、要約筆記だったらと考えてみてください。


要約筆記者は、話者の問いかけを、すみやかに利用者に対して文字で伝える必要があります。


聴覚障害者である利用者が、その問いかけに「挙手する」など、すぐ行動ができるかどうかは、要約筆記者が文字化するかどうかにかかっています。


では、5分間のタイマーをセットして、練習をやってみませんか。

 


YouTubeよりリンク

SoftBankWorld 2016】 基調講演 孫 正義


 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。  

今年もあと2カ月足らずで終わります。

 

迫りくる2016年度全国統一要約筆記者認定試験の対策やってますか?

 

実技試験の練習に、こんな音源はいかがでしょうか?

 

がんばりすぎると血圧が上がりますよ。

 

狭心症の人も要注意。

気温も下がってきましたしね。 

 

肩の力を抜いて、首をぐるぅっと回して、ちょっと深呼吸をしてからやってみますか。

では、5分間のキッチンタイマーをセットして始めましょう。 


YouTubeから引用: 

遠藤功 氏 暦日会講演CD
<「非凡」な現場をつくれ!>
  

要約筆記者全国統一認定試験、全員合格を心からお祈りします!


YouTube動画】を再生させながら、要約筆記の入力練習をする方法。

「もうやっているよ」という方は、この記事は読み飛ばしてください。

記事にするのが恥ずかしいくらい、やり方は簡単。


ブラウザなどで、任意のYouTube動画を再生させながら、入力ソフトで要約筆記の練習をします。

ブラウザ
とは、ご存じのとおり、
Google Chrome(グーグル・クローム)、
Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)、
Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)など、

いつもインターネットを見るための閲覧ソフトです。

上記の
ブラウザからYouTubeへ行き、そこで好きな動画を検索します。

YouTube
の検索窓から「講演」「社会福祉」などのことばを入れて動画を探してみてください。

練習音源は、無限にあると思います。

ご自分の好きなジャンルで練習をしても楽しいです。

たとえば「インタビュー」で検索して、好きな俳優やミュージシャンの動画を探し出し、その話しことばを要約してみるのもいいでしょう。

次に、「IPtalk」(アイピートーク)や「メモ帳」、「ワード」などの”入力ソフト”を起動させてください。


ブラウザ”と”入力ソフト”の2つが、パソコン上に開いている状態にします。


そうしたら、
ブラウザYouTubeで任意の動画を再生させます。

再生した音声を聞きながら、IPtalkなどに、要約しながら入力してください。

iPadやスマホなどでYouTubeの音声を流せば、パソコン画面は広々と使えます。



集中力を持続させるためにも、5分くらいがいいと思います。
最初は2分から始めてもよいのでは。 
わたしは時間設定するのに、キッチンタイマーを使いました。


終わったらご自分の入力したのを読んでみてください。

ちゃんとした文章として完成しているでしょうか。

その次は、再度、動画を再生しながら、話者が話していることと、要約筆記のログが食い違っていないか、深く検証をしてみます。

実力アップさせるためには、この検証が必要だと思います。 




では、
音源を探していらっしゃるみなさん。

こんな動画はいかがでしょうか。


YouTubeより引用↓

野口嘉則 講演
「自分という大地に根を張る生き方」
自分本来の力を発揮する生き方

このブログで上記を音源として再生させて、
入力練習することもできます。
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

「水中考古学へのいざない」は、このブログで
2016年5月12日に記事にしました。


2015
年度の実技試験の1つ目の音源です。
(2015年度全国統一要約筆記者認定試験)

なぜ、この記事をまた書いているかというと、今日、このブログの人気記事ランキングで、その5月12日の記事が1位になっていたからです。

 

このブログでの人気記事ランキングは、パソコンではサイドバー、スマホではページの下の方にあります。

 

パソコンでは、「みなさんがよく読んでいる記事ランキングです!」、スマホでは「人気記事」となっています。

ここを訪問してくださっている方々が、最も関心を持っている記事なので、がんばってYouTube動画を貼り付けてみました。 

5月12日の記事を書いていたころは、ブログ運営初心者でした。
 

マニュアルを読みながら手探り状態だったので、動画の挿入にはチャレンジしていませんでした。

でも、最近やり方を覚えましたのでやってみます。


YouTubeより引用

「水中考古学へのいざない」
 

ランドール・J・ササキ氏(水中考古学者)



2016年5月12日の記事にも動画を挿入しました。 
リンク↓

 

(テキスト下巻P16~)

 

この日の講義は、いわゆる「要約」の実習でした。

一般的に、誰もが知っている「要約」です。
 

聴覚障害者のコミュニケーション支援のために、パソコンを使って行う「要約筆記」ではありませんでした。


鉛筆と紙を使った実習です。

パソコンが必要ない講義だったので、荷物が軽くてすみました。
 

瞬時に行う「要約筆記」にも、基礎的な知識として「要約」の知識が必要なのだそうです。

 

話しことばは、文法的に整っていないことが多くあります。

 

長々と話している話しことばの、どこがポイントなのかわかりにくいこともよく生じます。

 

話者の本当に言いたいこと、つまり「内容の主旨」を見つけるために、「文章要約」について知ることは、「要約筆記」をすることに役立つのだそうです。

 

そのために、「要約の定義」「要約の型(骨格法、凝縮法)」などについて学びました。

 

「要約実践技術実習」もありました。

 

テキストの文章をルールに従って、「大意」、「要旨」、「主題」に縮小するのにチャレンジしました。

そのためのマス目もテキスト内に用意されています。

いま、この日に習った「要約」の知識と実習が目に見えてどのように役立っているかわかりません。

目立たなくても、技術の下地になっていたらいいな、と思います。

参考動画

YouTubeから↓

小論文のツボ57
 文章力アップのために「要約」をしよう。 (字幕付き)|小論文|書き方| コツ|


テキスト下巻P10P12には、わたしは【重要語句】を見つけられませんでした。

 

でも、試験直前はノーマークのページや部分こそ、気をつけて見てください。

 

テキスト下巻P13には、パラグラフ、トピックセンテンスについて説明されています。

 

2012年のⅢ-3、(8)に○×問題で出題されています。

 

文章構成基本型は何でしょう?

 

パラグラフ

 

パラグラフの3部分は何でしょうか?

「主題文」 「支持文」 「結文・まとめ」

 

トピックセンテンスは上記の3つのうち、どれでしょうか?

「主題文」

参考動画

YouTubeから↓

基礎演習レポートの書き方 03
パラグラフで書く

赤い文字は過去問既出語句です。(20112014年度)

教科書に蛍光ペンでマーキングをどうぞ。


時間のある方は黒い文字も合わせ読み、答えを考えてみてください。

ヒントはすぐ近くの行にあります。


(テキスト上巻P62

日本国憲法99には「何」の規定が置かれていますか?


憲法尊重擁護義務
の規定日本国憲法第「何」に置かれていますか?


「憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」
と定められている人は誰ですか?


天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」は「何をする」義務を負っていますか?


国民は「憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定められていますか?

×


日本国憲法のなかで最も重要な価値は、憲法第「何」条「個人の尊重」といわれているそうです。


日本国憲法のなかで最も重要な価値は、憲法13の「何」ですか?


「個人の尊重」
から導かれている、一般に日本国憲法三大原理といわれているものは何ですか?


「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」
日本国憲法の「何」原理といわれていますか?


欄外の個人の尊重をよく読んで確認してください。


次のページ。


このページにも、基本的人権、個人の尊重ということばがたくさん出てきます。


近代立憲主義
ということばにも、ちょこっと注目してください。


次のページはマーキングだらけ。


人権の分類
の項目は、じっくりと何回も読んでみましょう!

このページ、ほぼ毎年のように過去問に出ている語句がたくさんあります。


自由権
のところにも近代立憲主義ということばが、また出てきました。

自由権は「何」からの自由ともいわれていますか?

自由権「国家」からの「何」といわれていますか?

 

 

参政権は「何」への自由といわれていますか?

参政権「国家」への「何」といわれていますか?

参政権は「何」に仕えるものですか?

「何」権自由権に仕えるものです。

 

社会権は「何」による自由といわれていますか?

「何」権は国家による自由ともいわれるそうです。

 

このページにはないけど朝日訴訟は生存権保障のあり方をめぐって、争われました。
 

生存権憲法第「何」ですか?

第25条に「何」がありますか?


生存権、教育を受ける権利、勤労の権利、労働基本権
の4つは「何」権に認められていますか?


社会権
に認められている4つの権利をあげてみてください。


受益権
の内容も確認してください。


次のページ。


包括的基本権
の内容が2014年の過去問に登場しています。


憲法第13
保障されている3つは何ですか?


「生命・自由・幸福追求権」
の3つは憲法第「何」保障されていますか?


「生命・自由・幸福追求権」
の3つは「何」基本権といいますか?

 

P65の下の図をご覧になると、人権の分類が理解しやすいと思います。

YouTubeから↓

【社会】  公民-10  基本的人権 ・ 基本編

 

(参考動画ですが、要約筆記の練習用音源にも使えるかもしれません)

パソコンコースでは、スラッシュは単語登録するようにと指導されました。
(テキスト上巻P49)

使う頻度が高いので、すぐに表出できるようにするためです。
 

スラッシュ全角()の単語登録の読みは、よく使う指のキーがよいと思います。

わたしは、あるキーを2回連続で叩いて変換しています。 


要約筆記では、

 

(話者の名前)/こんにちは。

 

というふうに、話し始めを書きます。

 

複数の話者がいるときには、

 

(Aという名前)/何か質問は?

(Bという名前)/資料の1.についての意味をもう一度教えてください。

 

というように、名前の後にスラッシュを入れる決まりがあります。

利用者にとって、いま誰の意見が文字化されているのか、(名前/)でわかるようにしてあります。


このように、スラッシュは使う頻度が高いのです。


いまのところ、過去問を見ても話者が複数という音源はないのですが、話者が1人でもスラッシュを入れると習ったので、実技試験本番でも以下のように書きだして要約筆記しました。

 

(講師の名前)/こんにちは。

 

わたしはまだ現場に出たことはなくて、現任者からお聞きした話ですが、複数の話者がいる会議に呼ばれていくこともあるそうです。
 

会議が白熱してくると、スラッシュの前に名前を入れることができないほど速く会話が流れるときもあるそうです。

そんなときは、少なくとも行頭にスラッシュを入れると、お聞きしました。

余談ですが、複数同時に話し始めるとお手上げだそうです。

また、(   )
パーレンは、

話者以外の音声情報、

たとえば、

(サイレン)

(チャイム)

というふうに言葉以外の表示をするときや、ルビを示すときに使うそうです。

 

要約筆記ならではの独特のルールがありますね。 

お役に立つかもしれない動画

YouTubeから↓

Windows10 単語を登録する方法

前回の記事にひきつづき、実技試験の経験を書きます。

(2015年度全国統一要約筆記者認定試験)

 


2つ目の音源は、社会福祉についての講演か授業の音声でした。


話者は児島亜紀子氏、社会福祉の専門家。


こちらの音源は、ネット上で検索できませんでした。


内容は、全要研の試験結果の公開を待ちたいと思います。

 
この音源、「自立」「自律」などの同音異義語に苦しめられました。

 

記憶を頼りに、出て来た漢字などのキーワードを書きます。

 

概念 経済的 ADL

自立 人間の意志 

自律 自活 生活保護

高齢者福祉 自己決定 

自律 意向 主体的

意見表明 意思決定  支援者


こういう語句が出てきたと思います。


自立なのか、自律なのか、

意志なのか、意思なのか、

考える暇はなかったです。

とにかく、打ち始めたらその文章を正しい日本語の表記にして、句読点を打って一文を終わらせる。

それに集中しました。

試験終了後は、
USBメモリで試験を提出しました。

試験官の指示に従ってファイル名をつけます。

わたしたちのときは、ファイル名は受験番号でした。

パソコンに慣れていない方は、USBメモリに
IPtalkで作成した入力内容を保存する練習も必要です。

実技試験はあっという間に終わります。


来年、受験する方々にはぜひとも合格していただきたいです。


実技試験をこわがらないでください。

どこからでもかかってこいという気持ちで今から練習を積んでおいて。

緊張すると実力が発揮できませんからね。 










ソーシャルワークの倫理と価値
サラ・バンクス
法律文化社
2016-07-22




援助するということ―社会福祉実践を支える価値規範を問う
古川 孝順
有斐閣
2002-07


児島亜希子氏の動画がなかったのですが、「認知症の意思決定」(斎藤正彦氏)に関する動画を見つけてきました。

過去問の実技試験とは関係ない動画です。

意思決定の「意思」という字が、実技試験の過去問とは違います。

 

参考動画

YouTubeから↓

認知症の人の意思決定をサポートする




早く記事にしないと、実技試験のドキドキ感を忘れてしまいそうです。

はやめに、受験のようすを書きとめます。
 

2015年度全国統一要約筆記者認定試験)


パソコンの実技試験は、筆記試験の疲労が抜けきらない直後、少しの休憩時間をはさんで行われました。


「手書き」と「パソコン」は別の音源で受験です。

だから、別の部屋に分かれることになりました。

同期の勉強仲間とは、しばしのお別れ。 


ノートパソコンは、もちろん自分の物を持参します。

自分のノートパソコンですから、辞書はそれなりに鍛えてあります。

IPtalkも、事前に指示に従って設定済みです。

(IPtalk(アイピートーク)は試験に使われる要約筆記のソフト)
 

試験開始直前に、試験官から音源に関する資料A4の用紙1枚と、話者の名前などが書かれた小さな用紙、試験提出用のUSBメモリーが配付されました。

 

このとき配付された資料は、あるポイントをつかんで、しっかりと読みました、緊張に震えながら。
 

特にナンバリングされた数字の種類を確認して脳に定着。(1.Ⅰ、①などの種類)

 

資料と同じ表記のナンバリングで入力する必要がありますから。

「共有情報の活用」です!

配付された小さな用紙に書かれた「○○」という話者の名前も、緊張して集中力がないながらも読みました。

音源が聞こえたら次のように入力しなければいけませんから。

○○/みなさん、こんばんは。

(○○は話者の名前)

パワーポイントらしきA4の資料は、中に書かれている漢字に驚愕。

元寇?

確か、読みは「げんこう」だったよねと、心の中で反芻するように唱えました。

なんだかチンギス・カンみたいな顔が入った絵もあるし。


「元寇」、その通り入力する必要が生じるかもしれないと思いながら、寒い2月の試験会場で、資料を持つ手は汗ばんでいました。
 

最初の音源は、「水中考古学へのいざない」でした。

話者はランドール・J・ササキ氏(水中考古学者)
 

これは、資料という「共有情報」を活用して、話者の話しことばを、要約筆記する課題でした。

 

要約筆記者養成講座の講義では、「共有情報」である資料の番号に注目することが、大事だと教えられてました。

ですので、とにかく話者が資料について話したらその内容が資料にあれば、その数字を正しく打つことに気をつけました。


たとえばこんな感じの入力になります。


講師がパワーポイントの資料Ⅰの1について話すときは、このように入力しました。

 

Ⅰの1から。

 

あっさりとこんな感じに打ち、ひきつづき内容を要約筆記して記述します。

でも、資料に記述されている文章を話者が読み上げたら、それは入力しませんでした。

資料は共有情報だからです。 

 

スライドを使ったプレゼンテーションだったので、スライド①について講師がいろいろ話しだしたら

 

スライド①。

 

と入力して、それについての内容を要約筆記しました。

 

出来上がったIPtalkのテキストは、意外と短かったです。
 

講師がたくさん話していても、資料にその内容があれば、共有情報の活用としてバッサリと省けるので、おそらくそうなるのだと思います。

不安になるくらい短く、あっさりとしたテキストでした。

あまりにシンプルなので、わたしはもう落ちたと思ってがっかりしていました。

でも、とにかく合格したんです。

 

音源の元ネタはYouTubeで検索できます。

 

「水中考古学へのいざない」

ランドール・J・ササキ(水中考古学者)



この動画がいつまでYouTubeで見られるのかわかりません。

受験の傾向をつかんでいただくために、早めに見ておいてはいかがでしょうか。

資料に使われたパワーポイントのスクリーンも、ある程度、動画の中で確認できます。
 

難しい漢字があるのでよく確認して見てください。

 

その日、わたしたちは、この動画の冒頭5分間の音声だけを聞きながら、瞬時に要約してタイピングしました。

 

もし、あなただったら、この動画、冒頭5分だけでいいです、どのように要約筆記なさいますか?

 

実技試験の感覚を想像してみてください。

やれる環境にある方は、やってみてください。

タイマーをかけて。 

 

パニックになったら終わりです。


落ち着いて淡々と処理するという気持ちで、やるといいと思います。

2つ目の音源についての記事は、明日以降アップします。 


↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }