要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:社会福祉の歴史

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

過去問の傾向とは違う動画です。

 

コンピューター的な音声の「書きことば」。

 

約4分の音源。

 

受験が近い!

 

知識を定着するためのタイピング。

 

まったく要約には向いていない音源。
 

ごめんなさい。


でも、とにかく合格。

 

YouTubeより↓

保育士 5章の1
社会福祉 社会福祉の歴史と基本理念

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

福祉の専門家から「社会福祉の理念と歴史」の講義を受けました。


(テキスト上巻P66


内容は、聴覚障害に焦点をしぼった社会福祉障害者福祉について。


理念や障害についての考え方は、歴史の中で変化してきたそうです。


ここでは、海外で生まれ発展してきた、社会福祉の理念や障害についての考え方のことばがたくさん登場してきます。

WHOの障害のとらえ方も大事なところです。
 

また、日本の社会福祉の歴史も教えていただきました。

実はわたし、歴史の流れを記憶するのが苦手なんです。


優秀な同期の方に覚えるコツを教えてもらいました。


年代を覚えるとき、自分の生まれた年より前だったか後だったか、自分が何歳の時だったかをイメージするとよいとのこと。


それから、この分野に疎い方は、受講前のテキスト【重要語句】蛍光ペンでマーキングすることをお勧めします。


なじみのないカタカナやアルファベットなどの重要語句がたくさん出てくるからです。 


社会福祉の理念と歴史」は福祉にかかわる援助者として持つべき知識ですし、過去問にたくさん出てきますので、大事な分野だと思います。 


YouTubeより↓

障がい者の歴史

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }