要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:蛍光ペン

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。

2016年9月7日~2017年9月11日の記事です。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート5。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


黒い文字は読み飛ばして。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


知識が定着していないと思った赤い文字の語句に気づいたら、教科書などを調べてくださいね。


みなさん、全員合格してください!




【重要語句】タイトル一覧↓

20160907【重要語句】一問一答!要約筆記問題集

20160915【重要語句】チームワークⅠ、使用機器およびネットワーク(パソコン)


20161014【重要語句】チームワーク


20161022【重要語句】一問一答!要約筆記者問題集


20161106【重要語句】ノートテイク


20161111【重要語句】場面対応


20161113【重要語句】利用者のニーズへの対応


20161115【重要語句】対人援助


20161204【重要語句】要約筆記者のあり方


20161204【重要語句】要約筆記者としての専門性


20161205【重要語句】 社会福祉従事者としての専門性


20170124【重要語句】聞こえのしくみ動画


20170124【重要語句】難聴について動画


20170217【重要語句】全要研で補完資料の修正が発表


20170829【重要語句】重要語句を最初から読みたい!


20170911【重要語句】サイドバーにご注目を!

 



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

360° Baby Pandas | Nat Geo WILD

(この動画内の左上の○マークの中の矢印を押すと、360度の方向を見ることができます)

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。


2016
年6月2日~2016年8月8日の記事です。


【重要語句】というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート4。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓

20160602【重要語句】障害者運動と手話

20160606【重要語句】聴覚障害者の社会参加の実情


20160607【重要語句】「コミュニケーション支援の位置づけ」


20160608【重要語句】障害者福祉の概要と施策の現状


20160610【重要語句】障害者自立支援法の成立と課題


20160611【重要語句】障害者自立支援法における聴覚障害者施策


20160611【重要語句】障害者制度改革推進会議と法改正


20160612【重要語句】障害者権利条約


20160612【重要語句】関連団体・関連組織・関連用語


20160612【重要語句】要約筆記関連年表も受験勉強に活用


20160627【重要語句】「伝達の学習」「コミュニケーションの基礎理論」


20160629【重要語句】情報保障の基礎理論


20160708【重要語句】伝達実践技術実習


20160730【重要語句】要約の定義


20160731【重要語句】要約の型


20160803【重要語句】要約文の書き方


20160805【重要語句】要約の手法


20160807【重要語句】要約文にあらわれる表現と語句


20160807【重要語句】情報選択の考え方


20160808【重要語句】要約実践技術実習

 

かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Crawling & Squeaking - Panda Cub 10th Exam

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。

2016年5月18日~2016年5月29日の記事です。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート3。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓


2016
0518【重要語句】「話しことばと書きことば」


2016
0519【重要語句】「同時性の考え方」


2016
0520【重要語句】「短く表現する技術」


2016
0522【重要語句】「共有情報を活用する」


2016
0522【重要語句】テキストに索引を作ってみる


2016
0525【重要語句】「日本国憲法と基本的人権の尊重」


2016
0528【重要語句】「社会福祉の概念」


2016
0529【重要語句】「欧米の社会福祉の歴史」


2016
0529【重要語句】「日本の社会福祉の概念」

 



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Adorable baby panda plays with mother during debut at Tokyo Zoo

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。

2016年4月28日~2016年5月17日の記事です。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート2。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。

気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓

20160428【重要語句】「難聴者運動の歴史」


2016
0428【重要語句】「要約筆記の歴史」


2016
0428【重要語句】 「要約筆記事業の位置づけ」


2016
0428【重要語句】「通訳としての要約筆記」


2016
0428【重要語句】日本語の特徴


2016
0428【重要語句】「日本語の表記」


2016
0428【重要語句】「日本語の語彙と用法」


2016
0502【重要語句】教科書にチェックを


2016
0504【重要語句】「要約筆記の目的」


2016
0506【重要語句】「要約筆記の三原則」


2016
0506【重要語句】「要約筆記の表記」


2016
0516【重要語句】実技試験に必要な知識:英数字、記号など


2016
0517【重要語句】勉強に蛍光ペンを使う理由



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Panda cub at Tokyo’s Ueno Zoo is now able to walk [RAW VIDEO]

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

この時期でも、みなさんが読んでくださっているカテゴリがあります。

それは、【重要語句】です。


それらの記事は、受講前に予習のために読んでくださることを目的に書いていたのですが。


なので、タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート1。


2016
年3月29日~2016年4月26日の記事です。


サイドバーのカテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。

疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓


2016
0329【重要語句】受講中から試験対策を!


2016
0407【重要語句】過去の試験問題を見ると
質問しやすくなる


2016
0413【重要語句】2011年度~2014年度過去問既出


2016
0413【重要語句】聴覚の仕組みと働きを説明するには図が大事


2016
0415【重要語句】「聴覚障害の多様性」は図表もよく見て


2016
0422【重要語句】聴覚補償


2016
0424【重要語句】試験時間が足りない!


2016
0425【重要語句】「聴覚障害者のコミュニケ
ーション」


2016
0426【重要語句】 「聴覚障害者の現状」


2016
0426【重要語句】「支援体制の遅れ」



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓
First 100 Days Of Toronto Zoo's Giant Panda Cubs


全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

サイドバーに、「カテゴリー別に読みたい!」というのがあります。

 

そのなかに、【重要語句】2011年度~2014年度試験既出という項目があります。

 

受講時に役立つかもと、ずっと書き続けてきた記事です。

 

受験したい人が、貴重な時間を効率的に使って、合格できるようにと思って書いてきました。

 

よかったらお読みください。

 

きょう、この記事を読んでくださった方は、下記のリンクからも読めます。

記事数は、66です。

 

教科書に蛍光ペンでチェックしてから受講してみるといいのではないか、という提案をしている記事が多いです。

 

なぜ、受講前に蛍光ペンでチェックするかというと、試験に出てきた用語を見ながら聴講できるからです。

 

どこが過去問に出たのか、すでにわかっている状態で、講師の話を聞くことになりますよ。

 

カテゴリー別に読みたい!

【重要語句】2011年度~2014年度試験既出 




どんなに辛くても、登れば何かが見えてくる!

その山頂には、何があるのだろうか。



You Tubeから、動画↓
【📺 4K】
行こうよ富士登山2017
Climbing Mt Fuji
山頂御来光 天の川 吉田ルート



     

(テキスト下巻P18

骨格法「大意」、凝縮法「要旨」として、それぞれの説明が書いてあります。

2012年の過去問、Ⅲ-4、(2)、Dの文章に、この部分が出題されています。

授業の集中力アップのために、この記事の赤い文字蛍光ペンで教科書にチェックしてから受講することを提案しています。 




教科書の本文で、要旨大意はどちらが要約率が高いかに着目を。



要約文が原文の3分の1~4分の1程度なのは、要旨でしょうか?大意でしょうか?

 

大意
 

 

要約文が原文の5分の1程度なのは、要旨でしょうか?大意でしょうか?

 

要旨

(長文の論文では、20分の1程度になることもある)

 

 

各段落の要旨をつなげ、全文の縮小相似形になるようにまとめるのは要旨でしょうか?大意でしょうか?

 

大意 

おまけ動画

YouTubeから↓

秦野市 個別指導 「国語ー読解力をつけるにはー天声人語を要約しよう5

巻末に、年表があります。


これも受験勉強に役立ちましたので、受講中の方は今から気に留めておいてください。

 

(テキスト上巻P98から)

 

いままで記事にしてきた【重要語句】を、年表の中から見つけて蛍光ペンでチェックしてください。

 

そうすると歴史の流れが理解されてくると思います。

 

ぜひ、いまからやってみてください。

 

ポストイットやタグなどをつけて、いつでも開いて見つけやすくしておけるよう工夫しておくことをお勧めします。
 

歴史の前後関係などを覚えるために、この部分を参照すると記憶しやすいと思います。

参考動画

YouTubeから↓

保育士 5章の1 社会福祉 社会福祉の歴史と基本理念

この日は、法律の専門家がとてもわかりやすく講義をしてくださいました。

(テキスト上巻P62

 

憲法人権のこと、障害者に関する法律ができていく過程を習うことができました。

長い長い苦労と努力を積み重ねて障害者福祉に関する法律が成立されたんですね。

法律や社会福祉の知識は要約筆記者として当然持っておかなくてはなりません。 


しかし、この分野はわたしが最も苦手とする分野です。

法律や制度の名前がたくさん出てくるからです。


歴史の中で改正されたりして、変わっていく法律の名前をどうやって覚えたらいいのか悩みました。

これはもう受験の日の朝まで苦しめられました。


やはり、勉強法を工夫する必要があったんです。


予習時に蛍光ペンで過去問既出の【重要語句】をチェックしてから授業に臨み、受講後は【音読】などで記憶に定着させておけばよかったと思っています。


優秀な同期の受講生は、法律が制定されていく歴史の流れを、見事に図式化して覚えてらっしゃいました。


そういうアイデアもありだと思います。

受験直前に、これらの法律用語、制度に関する用語を頭に詰め込むのは無理です。

早めに手を打っておくべき。 

YouTubeより↓

小6が暗唱:日本国憲法前文!
THE CONSTITUTION OF JAPAN

過去問に出た語句を、蛍光ペンで教科書にマーキングしてから受講することを提案しています。
 

このテーマの記事、何回も書いてすみません。

それに、記憶力がよい方には、この勉強法は向いていないと思います。

わたしは、何回やっても忘れる方なので、受験対策に蛍光ペンを便利に使っていました。

蛍光ペンでのマーキングは、過去問既出語句が中心。

それ以外の、解剖生理や言語学、法律などの専門用語、ご自分が苦手とする語句や大事だと思う箇所でもいいかもしれません。

それが本当の勉強法なのでしょう。

ただ、わたしは試験に合格しなければ要約筆記者として活動できないので、とにかく過去問既出語句に焦点をしぼってマーキングしました。 

合格しなければ、活動できません。 


活動するのが目的です。

だから、合格に焦点をしぼりました。
 

過去問は全要研の公式サイトで4年分公開されているのですから、受講時にすでに予習として見てよいと思います。


過去の試験問題を見てから受講してほしい理由がほかにもあります。

 

要約筆記者養成講座に通ってみて、この受験をするには、受講時間が足りないような気がしました。


個人的な印象ですが、要約筆記者って、専門学校などで1年から2年通って勉強してから受験資格を与えてもいいのでは、と思うくらいです。


それくらい、高い技術、高い知識が求められ、期待されていると思います。
 

短い期間の講義を終えた後に認定試験を受けるのですから、受講生側も試験に受かるために、何か対策をした方がよいと思います。

それに、わたしを含めて、受講生はみんな人生の半ばを過ぎた年齢層の人たちでした。

人生の時間は限られています。

浪人するのはもったいないです。


それで、わたしが行った作戦は、こうです。 


過去問を4年分ダウンロードして印刷。

(「解答用紙」の実物や「実技試験」なども全部。)


受講前に自分で教科書を調べて、「解答案」を実物の「問題用紙」に赤ペンで書きこむ。


(「問題用紙」の右隅余白に、教科書の該当ページを記入すると、あとで調べ直しに便利。)



受講前に、過去問に既出の「重要語句」を教科書に蛍光ペンでマーキング。

「文章」単位ではなく、できるだけ「単語」の単位でマーキングする。

重要語句を含む文章全体をマーキングすると、あとでどれが重要語句だったのかわからなくなります。

このマーキング方法は、重要語句を見て全体を想起するトレーニングができます。



マーキングのところに、鉛筆で何年に出題されたかを記入。

(こうしておくと、毎年のように出されている「頻出問題」がわかります。)



もし時間と余裕があれば、

過去問を解いてみる。 

実際の受験時間をタイマーで設定し、その時間内で解答できるように練習します。

これは受験直前によくやっていました。


 

「好みの勉強方法」、「やりやすい学習スタイル」や「持って生まれた脳の作り」は、人それぞれだとは思いますが、わたしは以上のような方法を提案しています。


教科書を、すみからすみまで正直に、真面目に読み、理解し、実践するのがまっとうなやり方なのはわかります。
 
でも、限られた時間で勉強し、要約筆記の活動しようと思ったら、とにかく合格しなければいけません。

正直に真面目に教科書を100回読んでやるのがいいと思う方には、それをおまかせしよう、わたしはちょっとずるいかもしれないけど効率的にヤラセテモラウカナ。
 

ダッテダッテ、あらかじめマーキングしたテキストを見ながら、講師の話を聞いた方が集中力がアップするし、記憶に定着すると思います。

だから受講前にマーキングするのを提案しています。 
 

ところで、”蛍光ペン”でネット検索していたら、こういう意見の記事を発見したのでご紹介します。

 

要約筆記者ではなくて、小中高生向けの勉強法などを解説している、とても内容のよいブログです。

 

この記事、わたしたちにも使える勉強法だと思いませんか?

では、ご紹介します。 

 

「あり」さんのブログで、
ブログタイトル「働きアリ」。
 

記事名:“essay 試験勉強の仕方と覚え方を考える(蛍光マーカーと記憶、文ではなくて単語で覚える)

↑リンクしています。
ご覧になりたい方は、色の変わっているところをクリックしてください。

参考動画
YouTubeから↓
マーカー学習法

【重要語句】「要約筆記の表記」です。

 

2011年度~2014年度の過去問に出てきた語句は赤い文字で示しています。

お好きな色の蛍光ペンで教科書にチェックしてみてはいかがでしょう。

 

(テキスト上巻P40

 

要約筆記の技術としての3つの視点は「日本語表記の基準から考える」、「複数の通訳者による通訳」と、あとひとつは何でしょうか?

 

「日本語表記の基準から考える」と、要約筆記した文字の表記が恣意的になりすぎると、読んでいる利用者はどう感じますか?

 

「複数の通訳者による通訳から考える」と、利用者の負担に配慮するために通訳者の一定の技術レベルと、表出法の「何」と「何」が必要である。

 

「複数の「何」から考える」と、通訳者の一定の技術レベル、表出法に一貫性、統一性が必要です。

 

「利用者の負担から考える」の項目の記述を確認してください。

読む負担を軽減するためにはどうしたらよいでしょうか?

 

恥を忍んで言いますが、わたしは恣意(しい)的の意味が分からなかったし、読み方もわからなかったし、書くこともできませんでした。

「次の心(は自分勝手)」と唱えながら書いて覚えました。

おまけ動画

YouTubeから↓

受験生必見!「蛍光ペン」で暗記力を倍増させる方法を京大生が教えます!【篠原好】

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }