補完資料

2017年02月17日11:26【重要語句】全要研で補完資料の修正が発表

全要研の公式サイトの新着情報で、「補完資料」正誤表を修正という記事が発表されています。


受験の人は、ちょっと見ておいたほうがよいのではないでしょうか。


昨日の日付で発表されています。

かわいい動画でひとやすみ

YouTubeから↓

BABY DOG WHISPERER! Cesar Millan has nothing on her!! Shorkie Puppy Talks to Baby



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月21日16:44【過去問解答案】補完資料!コメントをいただきました

いわてのばあちゃんさん、コメントをありがとうございました。


当ブログに訪問してくださっている受験生の方々のために、記事にしました。


わたしは補完資料を、まだ持っていないので、このような情報は助かります。


持っている方は、早めに参考になさってはいかがでしょうか。

いわてのばあちゃんさんのコメント 


初めまして、とりあえずお知らせします。

該当ページを調べています。

2015年度要約筆記者認定試験の解答 Ⅱ-2 (7)⑬から⑮はテキスト上下巻 補完資料Ⅰ の p40 第78条にあります。

同じくⅢ-35)倫理綱領は補完資料のp23にあります。

 

補完資料も大切ですね。上巻の最終ページ 要約筆記関連年表も更新してくれるといいと思いますがテキストの改定が先でしょうか。そのあたりの全国要約筆記問題研究会の情報をお持ちでしてたら教えていただくとありがたいです。

いただいたコメントの記事へのリンク↓
【過去問解答案】2015年度!筆記試験の解答案

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月29日09:34【重要語句】情報保障の基礎理論

受講前のテキストに、【重要語句】蛍光ペンでマーキングすることを提案しています。

【重要語句】は過去問に出てきた語句です。

「情報保障の基礎理論」は、

【過去問】2013年度Ⅲ-1、(4)
で出題されている範囲のようです。

(テキスト下巻
P8)

赤字
【重要語句】です。

送り手
も、自分のメッセージを意図にそって、受け手が「どうできるよう」に心がける必要があるでしょうか?

解読できる


聞こえない人がいる場
で、音声によるコミュニケーションを成立させるため、聴覚障害者に情報保障しようとするその場のすべての人の「何」が必要ですか?


意思配慮方法

要約筆記者が要約筆記の持つ制約を守った上で、その場で可能な「何をする」ことが情報保障の範囲となりますか?

補完提起する

テキスト下巻P8~P9には、「受け手」「送り手」「コミュニケーションの成立」などのことばを使って、大事なことがたくさん書かれています。

昨年、受講生だった時に初めて読んだときはよくわからなかったのですが、いま読み返すと違う感情がわき上がります。

困難を抱えている状況を持つ人の気持ちを考えながら、かみしめるように読んでいます。 


ブログを書いていなかったら、こんなにテキストを読み返すことはなかったかもしれません。
 

それから、下巻P9には、2011年度~2014年度の過去問に直接出てくる語句を、わたしは見つけられませんでした。

 

出題されたことがない部分だからこそ、次の年の試験に出題されるということも考えられます。

教科書を隅から隅まで読むことは大切だと思います。


試験合格をお祈りします。 

参考動画

YouTubeから↓

Communication Process - Video Tutorial

(英語の動画です。YouTubeの設定をすれば、英語字幕が下部に表示されます)



このエントリーをはてなブックマークに追加