要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の練習用の音源をたくさんご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。

多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:要約筆記者



いま、各地の自治体などの広報で、要約筆記者養成講座や体験講座などの募集を見かけます。


でも、それを目にした、ほとんどの方は「要約筆記」ってなんだろうと思っていらっしゃるのではないでしょうか。


過去のわたしもそうでした。


過去の記事へ↓

 


要約筆記とは、簡単にいうと「話しことばを文字にして、聴覚障害のある方に伝える」ことです。


特に、中途失聴などの聴覚障害者の多くは、手話を言語としていません。


そういった方々に、その場の情報をできるだけ文字にして、「見える化」するのが要約筆記です。


「話しことば」というのは、もし全部を文字にすると膨大な量になります。


それを要約筆記では、要約筆記者が耳で聞き取ったことばを、リアルタイムに「要約」して正しい意味を残したまま、すばやく文字にします。


聴覚障害者は、その文字を見て、考えて、意見を持つことができます。


本当の意味で、「参加する」ことができるのです。



この辺までは、講座で習ったことを、かみくだいてお話ししました。

 


それで、その先のことをわたしは想像してみました。


「参加する」ことができたら、要約筆記の文字を見た聴覚障害者たちは、次になんらかの行動を起こします。


ひょっとしたら世の中の流れを変えるくらいの影響力を持つことができるかもしれません。


聴覚障害者たちにも生きやすい世界になったら、わたしも幸せを感じます。




少しでも「要約筆記」に関心をお持ちの方は、体験でもいいですから地元の要約筆記者養成講座や体験会に申し込んではいかがでしょうか。









YouTubeより↓

要約筆記とは?

チャンネル名:要約筆記とは?

 


YouTubeより↓

病院に行く 家族の受診に付添う 要約筆記

チャンネル名:KOBATOKAN

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします



全要研(全国要約筆記問題研究会)の「要約筆記とは」↓



Wikipediaの要約筆記のページ↓





自治体の広報紙に、
「要約筆記者養成講座の受講者募集」という記事を見つけたとき、何だろうそれ、
と胸がドキドキしたことを思い出します。


何か、自分の能力を使って、新しいことを始めようと思っていたころだったからかもしれません。


それで、勇気を出して、指定の日時に電話をしました。


すると、係の方から思ってもみないことを質問されました。

「手書きにしますか?パソコンにしますか?」。


は?

どちらも習いたいのに。



一瞬、迷いましたが、「パソコンにします」と答えました。

タッチタイピングは、ある程度できていたからです。



受講を始めてから、手書きを同時に学べない環境だと気づきました。

受講開始直後の講義は全員おなじ部屋で、おなじ講師から教えてもらっていました。


しかし途中から、手書きコースとパソコンコースによって教科書のページも、受講会場の部屋も、講師も別々になったからです。



要約筆記者養成講座に申し込もうと思う方は、手書きにするか、パソコンにするか考えてから申し込むといいと思います。


受講の途中でパソコンコースから手書きコースに変わった方もいらっしゃいましたので、どちらにするか考えながら受講するというのもいいのではないでしょうか。


以前に同様の記事を書きましたので、リンクを載せておきます。




YouTubeより↓

医療の場面での要約筆記(ノートテイク)









2019年度、全国統一要約筆記者認定試験を受験した、みなさま、本当にお疲れさまでした。



この試験が終わった直後。

2016年3月に書いた記事【講義のようす】受講会場へ!に数件のアクセスがあったので驚いています。



この記事は、受講会場に初めて行くようすを書いたものです。

もう要約筆記者の養成講座の申し込みが各地で始まっているのでしょうか。

自分の体験記を参考にしていただくなんて、うれしいです。

まだ需要があるのでしょうね、消さずに残しておいてよかったです。



当ブログの最近の記事は、要約筆記の練習用音源を中心とした内容です。


でも、当初は要約筆記者養成講座を受講していたときの体験を中心にブログをつづってきました。

もし、これから要約筆記者養成講座に申し込んでみようかと思う方は、以前に書いた記事も読んでみてください。


リンクを下記に載せておきます。



【講義のようす】受講会場へ!↓



【講義のようす】というトップメニューのカテゴリから、受講のようすや感想などを書き連ねてきた記事を連続して、お読みいただけます。↓



 


かわいい動画でひとやすみ


YouTubeより↓

隣の部屋へ呼びに来る猫

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします





















話しことばの要約 要約筆記の探求から
三宅初穂
(特非)全国要約筆記問題研究会
2012








要約筆記の練習用音源にいかがですか。

東日本大震災の語り部のお話し。


内容が胸に迫ってきても、感情をコントロールしてください。

伝えるべきことを、淡々と冷静に、正しく素早く文字化するべきです。



と、わたしは自分自身に言い聞かせています。



白状しますと、涙と鼻水が止まりません。


約9分の音源。

YouTubeより↓

宮城県_津波復興祈念資料館「丹野祐子の記憶」_丹野祐子さん

 

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

そろそろ、各地で要約筆記者養成講座の募集が出ているようです。

要約筆記者ってなんだろうと思って、こちらに訪れてくださった方もいらっしゃるかもしれません。


当ブログでは、2015年度の養成講座のようすを記事にしてきました。


以下は、2016年3月に書いた記事の冒頭です。

 

 


【講義のようす】受講会場へ


さあ、いよいよ受講初日です。

どきどきしながら受付を済ませると、会場には

50人くらいの人々が集まっていました。

やっぱり、こういう講座に参加するのは女性が多くて、男性は、ほんの数人。

上下巻の2冊で、約3000円のテキストを購入すれば、半年間の要約筆記者養成講座を受講できます。

結構、薄い本だなぁ。

そんな印象を持ってページをめくってみたのですが、内容は幅広く充実しているようです。

(わたしは、新しい本のページをペラペラめくって、早く手になじむようにするのが好きです。)

表紙は、不思議な幾何学模様が描かれています。

うずまき”が中心に集まっているようにも見えるし、外側に広がっているようにも見えます。

当初はわからなかったのですが、開講式から一年たったいま、表紙の”うずまき”を見ると、何か要約筆記の象徴的な意味を感じます。

表紙の書名『要約筆記者養成テキスト』の上部に、

”厚生労働省カリキュラム準拠”と書いてあります。

なんだか、重々しい印象。

気を引き締めて勉強しなければ。

真新しいテキストの扉をちょっと読むと、要約筆記は30年の歴史があるとのこと。

…いままで、その資格の名もよく聞いたことがなかったのに、そんなに長い間活動されてきたんだと驚きました。

そんなことを考えていると、開講式が始まりました。

初対面どうしの受講生たちは、おしゃべりも少なくてきちんと座っています。

主催者の挨拶のあと、受講生にマイクが回って来て、自己紹介を しましたが全員の名前を覚えきれませんでした。

→続きを読む(2016年3月17日の記事へリンク)


YouTubeより↓

ゆず「ヒカレ」

 

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

伊藤園 磨かれて、澄みきった日本の水 信州 2L×6本【イチオシ】【stamp_cp】【stamp_007】
伊藤園 磨かれて、澄みきった日本の水 信州 2L×6本【イチオシ】【stamp_cp】【stamp_007】

パソコン要約筆記の全体投影はどういうものか。

 

映像を探してきました。

 

YouTubeより↓

要約筆記とは?

昨年の春、市の広報に載っていた「要約筆記者養成講座」の募集を見て、すぐに関係機関に申し込みました。

特別な社会貢献に熱意を持ったというわけではありません。

ただ、わたしのタイピングが役に立つのだったら、やってみたいという、シンプルな動機で行動開始したのです。

自分の技術や理解力で通用するのか不安でしたが、とにかく約半年の研修を経て、今年の2月に受験をしました。


いま、その試験の合格発表を控えています。

受講してからわかったことですが、要約筆記者になる人は少ないそうです。

要約筆記者の認知度の低さや、待遇なども関係しているからかもしれません。



それでも、多くの方が【要約筆記】に興味を持ち、活動してくださることを目的としてこのブログを書いていこうと思います。


要約筆記は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援する手段のひとつです。

この資格の認知度が高まれば、聴覚障害者のための要約筆記を理解したり、活用したりする人が増えるでしょう。

それは聴覚障害者だけではなく、さまざまなプログラムを開催する人や、学校の先生、雇用する側の人、職場の上司・同僚なども含まれると思います。

選挙演説にも要約筆記が利用され、報酬が出ることになったそうです。

要約筆記者が増えることで、聴覚障害者の社会参加、社会参画が広がることになります。

聴覚障害者が社会参加、社会参画できることは、あたりまえの権利です。

聴覚・言語障害者の推計は約34万人といわれています。(身体障害者手帳の交付対象。厚生労働省 平成18年身体障害児・者実態調査)

その方々が、能力を発揮して社会的に活動できることは、国家全体にも利益をもたらすと思います。
(これは、聴覚障害者だけに限ったことではないのですが。)

聴覚障害者の当然の権利が守られ、最大限に能力を活かせる社会になることを願っています。 


よろしくお願いします。

 

うさぎの動画

YouTubeから↑

2 Rabbits 2 Cups コップにはいった子うさぎ 登場編

 

このブログのカテゴリ一覧

(色が変わっているところをクリックすると、各カテゴリに行きます)


【受験ですよ!】全国統一要約筆記者認定試験! 

 

【講演の音源ですよ!】受験勉強向き 

 

【過去問解答案】2011年度~2015年度筆記試験 

 

【目次ですよ!】


【音源ですよ!】練習向き 


【重要語句】2011~2014年度試験既出 

 

【講義のようす】 

 

【YouTubeから】いろんな動画 


【最初から今まで】