要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の練習用の音源をたくさんご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。

多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:要約筆記者養成講座



いま、各地の自治体などの広報で、要約筆記者養成講座や体験講座などの募集を見かけます。


でも、それを目にした、ほとんどの方は「要約筆記」ってなんだろうと思っていらっしゃるのではないでしょうか。


過去のわたしもそうでした。


過去の記事へ↓

 


要約筆記とは、簡単にいうと「話しことばを文字にして、聴覚障害のある方に伝える」ことです。


特に、中途失聴などの聴覚障害者の多くは、手話を言語としていません。


そういった方々に、その場の情報をできるだけ文字にして、「見える化」するのが要約筆記です。


「話しことば」というのは、もし全部を文字にすると膨大な量になります。


それを要約筆記では、要約筆記者が耳で聞き取ったことばを、リアルタイムに「要約」して正しい意味を残したまま、すばやく文字にします。


聴覚障害者は、その文字を見て、考えて、意見を持つことができます。


本当の意味で、「参加する」ことができるのです。



この辺までは、講座で習ったことを、かみくだいてお話ししました。

 


それで、その先のことをわたしは想像してみました。


「参加する」ことができたら、要約筆記の文字を見た聴覚障害者たちは、次になんらかの行動を起こします。


ひょっとしたら世の中の流れを変えるくらいの影響力を持つことができるかもしれません。


聴覚障害者たちにも生きやすい世界になったら、わたしも幸せを感じます。




少しでも「要約筆記」に関心をお持ちの方は、体験でもいいですから地元の要約筆記者養成講座や体験会に申し込んではいかがでしょうか。









YouTubeより↓

要約筆記とは?

チャンネル名:要約筆記とは?

 


YouTubeより↓

病院に行く 家族の受診に付添う 要約筆記

チャンネル名:KOBATOKAN

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします



全要研(全国要約筆記問題研究会)の「要約筆記とは」↓



Wikipediaの要約筆記のページ↓





自治体の広報紙に、
「要約筆記者養成講座の受講者募集」という記事を見つけたとき、何だろうそれ、
と胸がドキドキしたことを思い出します。


何か、自分の能力を使って、新しいことを始めようと思っていたころだったからかもしれません。


それで、勇気を出して、指定の日時に電話をしました。


すると、係の方から思ってもみないことを質問されました。

「手書きにしますか?パソコンにしますか?」。


は?

どちらも習いたいのに。



一瞬、迷いましたが、「パソコンにします」と答えました。

タッチタイピングは、ある程度できていたからです。



受講を始めてから、手書きを同時に学べない環境だと気づきました。

受講開始直後の講義は全員おなじ部屋で、おなじ講師から教えてもらっていました。


しかし途中から、手書きコースとパソコンコースによって教科書のページも、受講会場の部屋も、講師も別々になったからです。



要約筆記者養成講座に申し込もうと思う方は、手書きにするか、パソコンにするか考えてから申し込むといいと思います。


受講の途中でパソコンコースから手書きコースに変わった方もいらっしゃいましたので、どちらにするか考えながら受講するというのもいいのではないでしょうか。


以前に同様の記事を書きましたので、リンクを載せておきます。




YouTubeより↓

医療の場面での要約筆記(ノートテイク)









2019年度、全国統一要約筆記者認定試験を受験した、みなさま、本当にお疲れさまでした。



この試験が終わった直後。

2016年3月に書いた記事【講義のようす】受講会場へ!に数件のアクセスがあったので驚いています。



この記事は、受講会場に初めて行くようすを書いたものです。

もう要約筆記者の養成講座の申し込みが各地で始まっているのでしょうか。

自分の体験記を参考にしていただくなんて、うれしいです。

まだ需要があるのでしょうね、消さずに残しておいてよかったです。



当ブログの最近の記事は、要約筆記の練習用音源を中心とした内容です。


でも、当初は要約筆記者養成講座を受講していたときの体験を中心にブログをつづってきました。

もし、これから要約筆記者養成講座に申し込んでみようかと思う方は、以前に書いた記事も読んでみてください。


リンクを下記に載せておきます。



【講義のようす】受講会場へ!↓



【講義のようす】というトップメニューのカテゴリから、受講のようすや感想などを書き連ねてきた記事を連続して、お読みいただけます。↓



 


かわいい動画でひとやすみ


YouTubeより↓

隣の部屋へ呼びに来る猫

全国統一要約筆記者認定試験に

全員合格を心からお祈りします





















話しことばの要約 要約筆記の探求から
三宅初穂
(特非)全国要約筆記問題研究会
2012








そろそろ、各地で要約筆記者養成講座の募集が出ているようです。

要約筆記者ってなんだろうと思って、こちらに訪れてくださった方もいらっしゃるかもしれません。


当ブログでは、2015年度の養成講座のようすを記事にしてきました。


以下は、2016年3月に書いた記事の冒頭です。

 

 


【講義のようす】受講会場へ


さあ、いよいよ受講初日です。

どきどきしながら受付を済ませると、会場には

50人くらいの人々が集まっていました。

やっぱり、こういう講座に参加するのは女性が多くて、男性は、ほんの数人。

上下巻の2冊で、約3000円のテキストを購入すれば、半年間の要約筆記者養成講座を受講できます。

結構、薄い本だなぁ。

そんな印象を持ってページをめくってみたのですが、内容は幅広く充実しているようです。

(わたしは、新しい本のページをペラペラめくって、早く手になじむようにするのが好きです。)

表紙は、不思議な幾何学模様が描かれています。

うずまき”が中心に集まっているようにも見えるし、外側に広がっているようにも見えます。

当初はわからなかったのですが、開講式から一年たったいま、表紙の”うずまき”を見ると、何か要約筆記の象徴的な意味を感じます。

表紙の書名『要約筆記者養成テキスト』の上部に、

”厚生労働省カリキュラム準拠”と書いてあります。

なんだか、重々しい印象。

気を引き締めて勉強しなければ。

真新しいテキストの扉をちょっと読むと、要約筆記は30年の歴史があるとのこと。

…いままで、その資格の名もよく聞いたことがなかったのに、そんなに長い間活動されてきたんだと驚きました。

そんなことを考えていると、開講式が始まりました。

初対面どうしの受講生たちは、おしゃべりも少なくてきちんと座っています。

主催者の挨拶のあと、受講生にマイクが回って来て、自己紹介を しましたが全員の名前を覚えきれませんでした。

→続きを読む(2016年3月17日の記事へリンク)


YouTubeより↓

ゆず「ヒカレ」

 

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

伊藤園 磨かれて、澄みきった日本の水 信州 2L×6本【イチオシ】【stamp_cp】【stamp_007】
伊藤園 磨かれて、澄みきった日本の水 信州 2L×6本【イチオシ】【stamp_cp】【stamp_007】

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。



2016年9月7日~2017年9月11日の記事です。





【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。



この記事は、パート5。





カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。





その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


黒い文字は読み飛ばして。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。





知識が定着していないと思った赤い文字の語句に気づいたら、教科書などを調べてくださいね。


みなさん、全員合格してください!




【重要語句】タイトル一覧↓

20160907【重要語句】一問一答!要約筆記問題集

20160915【重要語句】チームワークⅠ、使用機器およびネットワーク(パソコン)


20161014【重要語句】チームワーク


20161022【重要語句】一問一答!要約筆記者問題集


20161106【重要語句】ノートテイク


20161111【重要語句】場面対応


20161113【重要語句】利用者のニーズへの対応


20161115【重要語句】対人援助


20161204【重要語句】要約筆記者のあり方


20161204【重要語句】要約筆記者としての専門性


20161205【重要語句】 社会福祉従事者としての専門性


20170124【重要語句】聞こえのしくみ動画


20170124【重要語句】難聴について動画


20170217【重要語句】全要研で補完資料の修正が発表


20170829【重要語句】重要語句を最初から読みたい!


20170911【重要語句】サイドバーにご注目を!

 



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

360° Baby Pandas | Nat Geo WILD

(この動画内の左上の○マークの中の矢印を押すと、360度の方向を見ることができます)

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします。





















タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。


2016
年6月2日~2016年8月8日の記事です。


【重要語句】というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート4。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓

20160602【重要語句】障害者運動と手話

20160606【重要語句】聴覚障害者の社会参加の実情


20160607【重要語句】「コミュニケーション支援の位置づけ」


20160608【重要語句】障害者福祉の概要と施策の現状


20160610【重要語句】障害者自立支援法の成立と課題


20160611【重要語句】障害者自立支援法における聴覚障害者施策


20160611【重要語句】障害者制度改革推進会議と法改正


20160612【重要語句】障害者権利条約


20160612【重要語句】関連団体・関連組織・関連用語


20160612【重要語句】要約筆記関連年表も受験勉強に活用


20160627【重要語句】「伝達の学習」「コミュニケーションの基礎理論」


20160629【重要語句】情報保障の基礎理論


20160708【重要語句】伝達実践技術実習


20160730【重要語句】要約の定義


20160731【重要語句】要約の型


20160803【重要語句】要約文の書き方


20160805【重要語句】要約の手法


20160807【重要語句】要約文にあらわれる表現と語句


20160807【重要語句】情報選択の考え方


20160808【重要語句】要約実践技術実習

 

かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Crawling & Squeaking - Panda Cub 10th Exam

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。

2016年5月18日~2016年5月29日の記事です。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート3。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓


2016
0518【重要語句】「話しことばと書きことば」


2016
0519【重要語句】「同時性の考え方」


2016
0520【重要語句】「短く表現する技術」


2016
0522【重要語句】「共有情報を活用する」


2016
0522【重要語句】テキストに索引を作ってみる


2016
0525【重要語句】「日本国憲法と基本的人権の尊重」


2016
0528【重要語句】「社会福祉の概念」


2016
0529【重要語句】「欧米の社会福祉の歴史」


2016
0529【重要語句】「日本の社会福祉の概念」

 



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Adorable baby panda plays with mother during debut at Tokyo Zoo

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。

2016年4月28日~2016年5月17日の記事です。


【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。


この記事は、パート2。


カテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。

気になったタイトルの記事を選んでみてください。


その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。


疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。


【重要語句】タイトル一覧↓

20160428【重要語句】「難聴者運動の歴史」


2016
0428【重要語句】「要約筆記の歴史」


2016
0428【重要語句】 「要約筆記事業の位置づけ」


2016
0428【重要語句】「通訳としての要約筆記」


2016
0428【重要語句】日本語の特徴


2016
0428【重要語句】「日本語の表記」


2016
0428【重要語句】「日本語の語彙と用法」


2016
0502【重要語句】教科書にチェックを


2016
0504【重要語句】「要約筆記の目的」


2016
0506【重要語句】「要約筆記の三原則」


2016
0506【重要語句】「要約筆記の表記」


2016
0516【重要語句】実技試験に必要な知識:英数字、記号など


2016
0517【重要語句】勉強に蛍光ペンを使う理由



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓

Panda cub at Tokyo’s Ueno Zoo is now able to walk [RAW VIDEO]

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

この時期でも、みなさんが読んでくださっているカテゴリがあります。

それは、【重要語句】です。




それらの記事は、受講前に予習のために読んでくださることを目的に書いていたのですが。




なので、タイトル一覧!【重要語句】でおさらいしよう!と題して、【目次ですよ!】の記事を書きます。




【重要語句】
というカテゴリで、今までアップした、2011年度~2014年度の過去問既出の語句を入れた68記事を、5つに分けて、パート1~5とナンバリングしておきます。





この記事は、パート1。



2016
年3月29日~2016年4月26日の記事です。




サイドバーのカテゴリから選んで一覧するのは、この時期は大変。


気になったタイトルの記事を選んでみてください。



その記事の赤い文字だけ目で追えば、短時間でざっとおさらいできると思います。

疲れないように、ちょこちょこ休みながらお読みください。








【重要語句】タイトル一覧↓


20160329【重要語句】受講中から試験対策を!


2016
0407【重要語句】過去の試験問題を見ると
質問しやすくなる


2016
0413【重要語句】2011年度~2014年度過去問既出


2016
0413【重要語句】聴覚の仕組みと働きを説明するには図が大事


2016
0415【重要語句】「聴覚障害の多様性」は図表もよく見て


2016
0422【重要語句】聴覚補償


2016
0424【重要語句】試験時間が足りない!


2016
0425【重要語句】「聴覚障害者のコミュニケ
ーション」


2016
0426【重要語句】 「聴覚障害者の現状」


2016
0426【重要語句】「支援体制の遅れ」



かわいい動画でひとやすみ

YouTubeより↓
First 100 Days Of Toronto Zoo's Giant Panda Cubs


全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします。

初めてこのブログにお越しの皆さま。

ひょっとして、要約筆記者養成講座の申し込みをなさいましたか?

それとも受講を検討中なのでしょうか?

もしよかったらご覧ください。

昨年3月から、わたしの受講時のようすを、このブログで書き綴ってきました。

ひとつひとつ大切に受講して、勉強していただきたい気持ちでいっぱいです。

貴重な養成講座。

よい経験になることを祈っています。

 

去年書いた記事へ↓
【講義のようす】受講会場へ




You Tubeから↓

IFSC Climbing World Cup Munich 2017
- Finals Highlights
 
どんなに大変でも、何度も挑戦してほしいです!

聴覚障害者用屋内信号装置で検索してみるとこういうのが出てきました。


教科書や過去問で、このことばに遭遇しますが、HPなどの写真や説明文を見てもピンときませんでした。


これは、動画なので、どういうものなのかイメージに定着させやすいと思います。


振動して、光がフラッシュします。

 

この動画の説明を以下に引用します。

 

“聴覚障害者用屋内信号装置【振動バイブレーション×光フラッシュ】受信器 http://www.kind-fukushi.net/sale/3.html 日常生活用具の給付の対象となっている信号装置のキューブライト受信器。振動と光モード。”

YouTubeより↓

【信号装置】振動×光:フラッシュ受信器

カインドリネス福祉ネット