資格試験

2017年05月02日19:38【講義のようす】受講会場へ!ふたたび

初めてこのブログにお越しの皆さま。

ひょっとして、要約筆記者養成講座の申し込みをなさいましたか?

それとも受講を検討中なのでしょうか?

もしよかったらご覧ください。

昨年3月から、わたしの受講時のようすを、このブログで書き綴ってきました。

ひとつひとつ大切に受講して、勉強していただきたい気持ちでいっぱいです。

貴重な養成講座。

よい経験になることを祈っています。

 

去年書いた記事へ↓
【講義のようす】受講会場へ




You Tubeから↓

IFSC Climbing World Cup Munich 2017
- Finals Highlights
 
どんなに大変でも、何度も挑戦してほしいです!



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月02日19:15【過去問解答案】公式サイトで解答が公開されることに

公式サイトによると、
2016
年度(2017年2月19日実施)の全国統一要約筆記者認定試験から、解答が公開されるそうです。

そうなると、ますます受験勉強しやすくなると思います。

2017.10.07追記

参考動画

YouTubeから↓

【受験生必見】東大生の考える秋の勉強法!過去問はどう使う?

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月12日20:12【重要語句】障害者権利条約

きょうも、このブログに訪れていただいて感謝します!

 

テキスト上巻の【重要語句】はこれで終わりです。

 

お好きな色の蛍光ペンのご用意はよろしいでしょうか?

 

いつものように受講前のテキストに、赤字の語句を蛍光ペンでライン引きしてください。

 

受講時は、蛍光ペンでチェックした部分を意識して、講師の話を聞いてみてください。

 

そうすると、講義を聴くのと同時に受験対策できます。

 

(テキスト上巻P94

 

タイトルになっている障害者権利条約ということばが、もう大事です。

 

国際障害者年ということばは、前にも出てきました。

 

2006国連総会採択されたのは、「何」条約でしょう?

障害者権利条約国連総会採択されたのは、西暦何年でしょうか?

 

障害者権利条約に、日本西暦何年署名しましたか?

「何」条約に、日本2007署名したでしょうか?

「署名」ということばが、欄外にも出てきますので内容を確認してください。

教科書にはありませんが、2014年度、日本障害者権利条約批准しました。

 

次のページ。

 

障害者権利条約の第2条に定められている、5つのキーワードは「何」でしょう?

 

→  「意思疎通(伝達・通信)」

  「言語」

  「障害にもとづく差別」

  「合理的配慮」

  「ユニバーサルデザイン」

 

合理的配慮ということばは、欄外も確認してください。

 

「インクルージョン」が第19条に定められているのも注目されているそうです。

 

2012設置されたのは、「何」委員会でしょう?

西暦何年に障害者政策委員会設置されましたか?

 

インクルージョンということばが、このページに2回登場してますね。

 

(教科書にないけれど、2013年度の過去問に、「不均等待遇」、「合理的配慮の不提供」ということばが出てきます。教科書の「障害者政策委員会」の横の余白にメモしておくといいかもしれません。)

 

ここまで、本当に、お疲れ様でした!

 

テキスト下巻も、ひきつづき書いていく予定ですので、よろしくお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月11日10:54【重要語句】障害者制度改革推進会議と法改正

きょうも、蛍光ペンテキストのご用意をどうぞ。


受講前のテキスト
に、とにかく赤字の語句だけを、蛍光ペンで、せっせとライン引きを。


時間がある方は、黒い文字も読んで答えを考えてみてください。


(テキスト上巻P91

 

障がい者制度改革推進会議ということばに注目を。

 

次のページ。

 

まず、欄外の「推進会議と情報保障」を見てください。

当事者主体~」と書かれていますね。

そこにも障害者権利条約ということばが、また出てきています。

 

本文に戻ります。

2010年、和解成立したのは「何」でしょう?


障害者自立支援法

 

次のことばにもチェックをどうぞ。

障害者総合福祉法

障がい者制度改革推進本部


障害当事者構成員過半数を占める

障がい者制度改革推進会議

 

2011年、障害者基本法改正されました。

 

谷間の障害、発達障害、精神障害にもチェックをどうぞ。

 

「何」ということばが入った点で、障害「社会モデル」といわれるICF・国際生活機能分類」の観点が反映されたといえますか?

 

社会的障壁

 

社会的障壁」ということばが入った点で、障害の「何」といわれるICF・国際生活機能分類」の観点が反映されたといえますか?

 

社会モデル

 

2014年度の過去問に出てきた障害者政策委員会ということばを、「欄外」も含めて内容を確認してください。

 

障害者総合支援法について。

 

2011「何」福祉法骨格提言が出されましたか?

西暦何年に障害者総合福祉法骨格提言が出されましたか?

 

次のページ。

 

障害者総合支援法は西暦何年に施行されましたか?

2013施行されたのは「何」支援法ですか?

 

法律施行後3年を目途とする検討事項として、「何」支援の在り方が挙げられましたか?

コミュニケーション(支援)

障害者総合支援法に定められたサービスは、P93の図をよく見て覚えるべきです。

実際に、ご自分で紙に書いて覚えるとよいと思います。

 

その図の中の重要語句は、自立支援給付、地域生活支援事業、都道府県、自立支援医療、補装具です。

それも蛍光ペンでチェックをどうぞ。

 

本文に戻ります。

障害者虐待防止法通報義務位置づけられたのはどういう場所ですか?

2014年度の過去問に出てきます。

家庭、福祉施設、職場での虐待について通報の義務がありますが、学校病院という場所はないですね。

公式の過去問を確認してみてください。

 

障害者差別禁止法にもチェックしてください。


障害者差別禁止法ということばではありませんが、2013年度、2014年の過去問に「障害者差別解消法」について出題されています。

2016年施行された障害者差別解消法ということばを覚えておいてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月11日10:45【重要語句】障害者自立支援法における聴覚障害者施策

お好きな色の蛍光ペンをご用意ください。


受講前のテキストに、とにかく赤字の語句だけ」蛍光ペンでライン引きしてください。

 

(テキスト上巻P91

 

地域生活支援事業は2つに分けると「何」と「何」がありますか?

 

市町村整備する事業と、都道府県事業

 

コミュニケーション支援事業は「何」事業位置づけられていますか?


必須(事業)

 

市町村手話通訳者と、「何」派遣義務づけられていますか?


要約筆記

 

都道府県コミュニケーション支援事業として、手話通訳者や「何」、盲ろう者通訳・介助員などの養成研修事業任意事業とされましたか?

 

要約筆記者

 

障害者自立支援法、自立支援給付ということばにもチェックをどうぞ。



このエントリーをはてなブックマークに追加