都道府県・政令指定都市必須事業

2016年06月07日18:29【重要語句】「コミュニケーション支援の位置づけ」

赤い文字は過去問既出語句です。

20112014年度)

 

受講前赤い文字だけを、テキストに蛍光ペンでマーキングしてください。

 

マーキングしたテキストを見ながら受講すると、過去問の【重要語句】を意識しながら講師の話を聞くことができます。

 

受講後、時間のある方は、黒い文字も合わせ読み、答えを想起してみてください。

 

(テキスト上巻P84

 

バリアフリー新法ということば、そのままでは過去問に出ていませんが、「バリアフリー」ということばでは出てきています。

 

手話通訳要約筆記によるコミュニケーション支援制度化したのは、2006の「何」ですか?

 

2006年、障害者自立支援法は、「何」や「何」によるコミュニケーション支援制度化しましたか?

 

2013年、障害者自立支援法が改正されて「何」として施行されましたか?

 

2013年、「何」が改正されて障害者総合支援法として施行されましたか?

 

2013年、コミュニケーション支援「意思疎通支援」として「何」に組み込まれていますか?

 

2013年、コミュニケーション支援は「何支援」として地域支援事業に組み込まれましたか?

 

要約筆記者派遣事業は、「何」という地方公共団体の必須事業ですか?

「何」という派遣事業市町村必須事業になっていますか?

 

要約筆記者養成は、「何」という地方公共団体の必須事業ですか?

要約筆記者養成は、都道府県・政令指定都市等の「何」事業ですか?

 

そのほか、このページの気になるワードがあります。

第二種社会福祉事業、総合支援法 意思疎通支援事業にもチェックをしておいてください。
 

障害者権利条約は西暦何年に国連採択されましたか?

2006国連採択されたのは「何」条約ですか?

 

日本政府2007署名したのは「何」条約ですか?

西暦何年に日本政府障害者権利条約署名しましたか?

 

次のページ。

 

障害者権利条約キーワード、合理的配慮ということばも気にしておいてください。

参考動画

YouTubeから↓
聴覚『障害』 手話・字幕付き
 



このエントリーをはてなブックマークに追加