2014年度全国統一要約筆記者認定試験

2017年02月17日07:57【過去問解答案】更新!2014年度!筆記試験の解答案

【過去問解答案】更新!2014年度!

筆記試験の解答案を更新しました。


<更新情報>(2017.02.16


IV-1
の(10)を「○」


に更新しました。


(荒野のプログラマーさん、感謝です)


元記事へリンク

【過去問解答案】2014年度!筆記試験の解答案

 

荒野のプログラマーさんのコメント記事へリンク↓

【過去問解答案】2014年度へ荒野のプログラマーさんからのコメント

考えてみた記事へリンク

【過去問解答案】”単語の集まりは語彙”を考えてみる。  

おまけ動画

YouTubeから↓

荒野より / 中島みゆき [公式]



このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日07:41【過去問解答案】”単語の集まりは語彙”を考えてみる。

荒野のプログラマーさんからいただいたコメントを考えてみます。

(以下、青字はいただいたコメントから抜粋)

2014年度の解答を見ていたのですが、問題IV-110番が「×」となっていました。

テキスト上巻P26の「【1】単語の意味と語彙」の最後の行に"また、単語の集まりを語彙といいます。"と書いてあるので「」ではないでしょうか?


テキスト上巻P26をじっくり読んでみました。

 

教えていただいた箇所は、わたしはノーチェックの行でした。

 

ネットのおかげで、見逃した部分を教えていただけたと思います。

 

ありがとうございました。

 

わたしが、ここの問題を間違えた理由がわかりました。

 

過去問を解いたときに、「上巻P27」と問題用紙に手書きで記入しています。

 

「文は単語の集まり」=「単語の集まりは文」と勘違いしたようです。

 

上巻P26の【1】の最後の行の方がすっきりしますね。

 

元記事へリンク

【過去問解答案】 2014年度!筆記試験の解答案

 

 

【過去問解答案】2014年度へ荒野のプログラマーさんからのコメント

 


荒野のプログラマーさん、ありがとうございました。

おまけ動画

YouTubeから↓

アナウンサー流ボキャブラリー語彙、表現力を増やす話し方のコツ











このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月07日08:40【重要語句】情報選択の考え方

(テキスト下巻P19


最後まで読んで行う「要約」
という文章が、2014年度の-1、4、アに出題されています。

 

さらに、2014年度の-1、4、イには、要約筆記は「骨格法」の要約に近く、という文章が使われています。

お勉強、よくがんばってますね。

ちょっと、ひとやすみしてください。

おまけ動画

YouTubeから↓

セサミストリート:カウント伯爵の骨の歌(日本語字幕)

画面上の広告、右上の×をクリックしたら字幕が読みやすくなります。




このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月01日13:03【過去問解答案】2014年度!筆記試験の解答案

【過去問解答案】2014年度筆記試験の解答案です。

 

わたしの解答案なので、あなたの解答案とは違う可能性があります。

 

最終的には、ご自分で調べ直してください。


<更新情報>(2017.02.16

IV-1(10) を「○」

に更新しました。

(荒野のプログラマーさん、感謝です) 

 

Ⅰ-1

(1) イ (2) ウ (3) 

(4) ア (5) 

 

Ⅰ-2

(1)① ケ ② セ 

(2)③ ツ ④ ネ ⑤ 

(3)⑥ ノ ⑦ チ ⑧ ナ 

(4)⑨ ア 

(5)⑩ サ 

(6)⑪ シ ⑫ ニ ⑬ 

(7)⑭ カ ⑮ 

  

Ⅰ-3

(1)① 伝音  ② 感音  

(2)③ 聴覚  ④ 視覚  

(3)⑤ トータルコミュニケーション

 

Ⅱ-1

(1)   (2) ×  (3) 

(4)   (5)   (6) 

(7) ×  (8)   (9) 

10) 

 

Ⅱ-2

(1)① 個人 

(2)② 社会福祉 ③ 通訳

(3)④ 介護保険 ⑤ 契約 ⑥ 施設

(4)⑦ 自立支援  ⑧ 市町村  

(5)⑨ 権利  批准  

(6)⑪ 障壁 ⑫ 社会

(7)⑬ 難病(?)

(8)⑭ 盲ろう ⑮ 意思疎通

 

Ⅱ-3

(1) ウ  (2) ア  (3) 

(4) エ  (5) 

 

Ⅲ-1

(1) ウ  (2) イ  (3) 

(4) イ  (5) 

 

Ⅲ-2

(1)

① 2011  ② 10

③ 地域生活支援  ④ 都道府県

⑤ 中核市  

(2)

⑥ 同じ  ⑦ 通訳

⑧ 聴覚障害  ⑨ 手話言語   文字言語  

(3)

⑪ 表記の基準 ⑫ 複数

 負担 ⑭ 通訳者 ⑮ 統一性

 

Ⅲ-3

(1) ×  (2)   (3) 

(4) ×  (5) ×  (6) 

(7)   (8) ×  (9) ×

10) 

 

Ⅲ-4

(1)と(2)は

解答に自信がないため、

ここで公開するのは控えます。

 

Ⅳ-1

(1)   (2)   (3) ×

(4)   (5) ×  (6) ×

(7) ×  (8) ×  (9) ×

10) 

 

Ⅳ-2

(1) 音声  (2) 半母音  

(3) 文  (4) 訓令  

(5) 同音異義語

 

Ⅳ-3

(1) ③  (2) ②  (3) 

(4) ④  (5) 

みなさん、ぜひ合格してください! 

参考動画

YouTubeから↓

日本国憲法 13 基本的人権の尊重



このエントリーをはてなブックマークに追加