要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:2015年度全国統一要約筆記者認定試験

【過去問解答案】更新!2014年度!

筆記試験の解答案を更新しました。


<更新情報>(2017.02.16


IV-1
の(10)を「○」


に更新しました。


(荒野のプログラマーさん、感謝です)


元記事へリンク

【過去問解答案】2014年度!筆記試験の解答案

 

荒野のプログラマーさんのコメント記事へリンク↓

【過去問解答案】2014年度へ荒野のプログラマーさんからのコメント

考えてみた記事へリンク

【過去問解答案】”単語の集まりは語彙”を考えてみる。  

おまけ動画

YouTubeから↓

荒野より / 中島みゆき [公式]

受験者の方は、できれば過去問の筆記試験の解答用紙も印刷してほしいんです。


それを使って、制限時間内に過去問を解く練習をしてほしいからです。


(公式サイトで手に入れることができます。)


なぜなら、筆記試験の解答は、鉛筆で手書きでした
から


答えがわかっているのに、漢字を間違えるともったいないですよね。


過去問で出てきた答えくらいは、正しい漢字で書けるようにしておくのをお勧めします。


欲を言えば、教科書に出てくることばは、すべて正しい漢字で書けるようになっておくと安心。


わたしは、過去問の解答用紙をダウンロードして印刷したあと、3回から4回は同じ問題を解きました。


同じ問題を解いてみるのです。


反復練習で答えを覚える目的もありましたが、毎回解答用紙に文字を書き入れるので、漢字も忘れずに書けるようになったなぁと思いました。


もちろん、採点もしました。


最初は、おそまつな点数でしたが、4回目には解答を覚えてしまうんです。


解答用紙
に向かうと、本気度が違いますし、脳内の知識をアウトプットする作業で覚えられるとも言えるのではないでしょうか。


この練習のおかげで、頭に入らなかったことも、定着するようになってきました。


マス目に文章を書く方法で解答するものもあります。


だから、指定した文字数になるように書く練習も必要です。


とにかく、本番と同じ設定に近い状況で練習してほしいです。


余談ですが、これを採点する方は大変じゃないのかしら。

その労力に感謝さえします。


分野は違うけれど、参考になるかもしれない動画

YouTubeから↓

問題集・過去問集の使い方【宅建勉強法】

まだ、試験対策を何もしていないという方。


過去問に、まだ目を通していないという方。


日々の忙しさに紛れて、受験勉強を先延ばしにされている方。


とにかく、昨年度分、2015年度分だけでもいいから手をつけてみませんか。


エアコンの温度を低めに設定。


こたつの人は、できれば椅子に座って机に向かいます。


スマホのタイマーか、キッチンタイマーを60分に設定して。

そばにコーヒーカップなんて、置かずに。


背筋をまっすぐ正して。


深呼吸したら始めます。


試験官が、すぐそばで監視しているイメージを持って。

 


過去問解答案へリンク↓

 

 

【過去問解答案】 2011年度!筆記試験の解答案

 

 

【過去問解答案】 2012年度筆記試験の 解答案

 

 

【過去問解答案】 2013年度筆記試験の解答案

 

 

【過去問解答案】 2014年度!筆記試験の解答案

 

 

【過去問解答案】 2015年度!筆記試験の解答案

 


それもイヤだという方は、2015年度の1ページだけやってみるというのはいかがでしょうか。

 

ちょっとだけ始めてみたら、導火線に火がつくかもしれません。

おまけ動画

YouTubeから↓

【東大生講座】♯26
集中力を保つ!
1日の勉強スケジュールの立て方のコツ!
 【ツトッキー】




【過去問解答案】更新!2015年度!筆記試験の解答案を更新しました。

 

 

<更新情報>(2017.01.11

 

-1 (8)×
 

に更新しました。


(あかりさん、伽羅さん、感謝です)



記事へリンク↓

【過去問解答案】2015年度!筆記試験の解答案

 


【過去問解答案】更新!2015年度!筆記試験の解答案を更新しました。

 

 

<更新情報>(2017.01.11
 

-1 (8)×

に更新しました。

(ぐーぐーさん、伽羅さん感謝です)

 

記事へリンク↓

【過去問解答案】2015年度!筆記試験の解答案

 【過去問解答案】2015年度!筆記試験の解答案を更新しました。

 


<更新情報>(2017.01.11
 

-1 (9)×にしました。


(ぐーぐーさん、感謝です)


記事へリンク↓

【過去問解答案】2015年度!筆記試験の解答案

【過去問解答案】テキスト該当ページを更新しました。



<更新情報>(2017.01.11


-1 (8)上巻P52


(ぐーぐーさん、感謝です)


更新した記事へリンク

【過去問解答案】2015年度!試験既出問題のテキスト該当ページ

要約筆記者になりたい人を応援するブログと銘打っているにもかかわらず、みなさんからのアドバイスで応援されている当ブログです。

 

伽羅さんよりいただいたアドバイスを考えてみます。

 

以下、伽羅さんからのコメントは青字で示します。



いつも拝見しています。

覚えることが多すぎて、頭に入りません。

 

2015年 Ⅲ-1(8)ですが、答えは×と思います。

 

2018年から施行されるのは、法定雇用率です。

障害者に精神障害者も加わったので、雇用率が

変わる可能性があります。

 

2016年からの施行は、差別禁止と、合理的配慮です。

 

少し、ひっかけぽいですね。

 

元記事へのリンク↓

【過去問解答案】伽羅さんからのコメント

 

 

Ⅲ-1(8)と、Ⅱ-1(8)の解答案の他の方たちからのアドバイスを後押ししていただきました。

 

元記事を更新して編集したいと思います。

 

ありがとうございました!

あかりさんのアドバイスを考えてみます。


いろいろな方からのお知恵を拝借している当ブログです。


以下、青字の部分は、あかりさんからのコメントのコピーです。

 

また、コメントさせていただきます。 
悩んでいるところがあるのですが、2015年度の試験問題でⅡー1(8)ですが、改正障害者雇用促進法は2016年から施行されている、と思っていたのですが答えは×ではなくなんですよね?あれもこれもと考え調べていたら、頭がこんがらがってきました(泣) 
一問一答!も、毎日見て、勉強させていただいています。今後とも、よろしくお願いいたします

 

元記事へのリンク↓

【過去問解答案】あかりさんからのコメント

 



では、考えてみます。

 


難しいけど。

 



もう一回、問題文を読んでみます。

 



この「雇用の分野~措置」という長々した名前の措置は、次に記述されている“合理的配慮の提供義務”ですね。

 

合理的配慮は、もう施行されていますね。

 

有名な話しなのに、どうしてこの答えを導き出したのか、わたしは。

 

たぶん、問題文の「定められた」に惑わされたのだろうか…。

 

それとも、西暦と元号の下一桁でこんがらがったのか。

 

あかりさんのおっしゃる通り、わたしの勘違いですね。

 

でも、この問題文の読み取りが、わたしにはとても難しかったです。

 

とにかく、あかりさん、ありがとうございました!

 

一問一答!要約筆記者問題集も読んでいただいてありがとうございます。

ぐーぐーさんからいただいたコメントの、ふたつめのアドバイスを考えてみます。

 

以下、ぐーぐーさんからのコメント写し部分は青字。

 

Ⅲ-1(9)は○ではなく、×でどうでしょうか。

「聴覚で受信する」という特徴は、話し言葉が消えていくから冗長になったり、くどくなるという説明(表の②)で、

「話し言葉が共有情報のある場面で行われるから」という説明では、「指示語を多用した話し方やものを提示する」という特徴(表の③)

が合うので、

どちらも話し言葉の説明ではあるけれども、特徴と説明があっていないので、×ということになるのではと思いました。

 

元記事へのリンク↓

【過去問解答案】ぐーぐーさんからのコメント

 


わ、難しい。

 

Ⅲ-1(9)の該当ページは上巻P51表と上巻P56だと思います。


さて、教科書を開いてみますね。

 

それから問題文を読んでみます。

 

この問題文の意味が一回でつかみにくいんですよね、わたし。

 

去年、この問題を解いたときに、悩んで悩んで「○」にしたり「×」にしたりした落書きがあり、苦労した痕跡が残っています。

 

でも、ぐーぐーさんのご説明を見てみます

 

 

「聴覚で受信する」という特徴は、話し言葉が消えていくから冗長になったり、くどくなるという説明(表の②)で、

「話し言葉が共有情報のある場面で行われるから」という説明では、「指示語を多用した話し方やものを提示する」という特徴(表の③)

が合うので、

どちらも話し言葉の説明ではあるけれども、特徴と説明があっていないので、×ということになるのではと思いました。

 

とすると、このⅢ-1(9)を、正しい文章に直してみるのに挑戦してみますね!

 

えーっと。

 

話しことばの特徴のひとつに、「聴覚で受信する」というものがありますが、これは同音異義語の確認ができにくくて、聞き手の記憶に残そうとくどくなるという特徴です。

 

もうひとつ挑戦。

 

話しことばの特徴のひとつに、「視覚で受信する」という特徴がありますが、これは、話しことばが、話し手と聞き手が同じ場(共有情報の場)にいるから生じます。

だから指示語(これ、それ、あれ)が使えるのです。

 

ない頭をひねってしぼって考えてみました。

 

もし間違えていたら教えていただけると幸いです。

 

ぐーぐーさん、アドバイスに感謝します。

わたしの学びが浅いのを露呈してしまっています。

 

でも、ネットの特性のおかげで、みなさんからいろいろ教えていただけるのがうれしいです。
 

さてと。


ぐーぐーさんのコメントから、考えてみます。

 

悩んでいるのです。

 

まず、ひとつめのアドバイス。

以下、青字はぐーぐーさんからのコメントの写し。 

 

はじめまして。

答え合わせなどに利用させてもらっています。

Ⅲ-1(8)は、上巻52ページが該当するのではないかなと思いますがいかがでしょうか。

 

元記事へのリンク↓

【過去問解答案】ぐーぐーさんからのコメント

 

 

 

わたしの理解力が芳しくなくて、Ⅲ-1(8)は、上巻52ページの、何行目の、どの部分が該当するのか読み取れないのです。

 

ぐーぐさん、よかったら教えてください。

 

もしかしたら、中ほどから下の方の行にある、「「要約」以前の技術~」の部分でしょうか?

 

ということは。

 

このⅢ-1(8)の問題文を、正しい文章に直してみますね。

 

要約筆記の技術の土台として一番先に身につけるものは、話に追いつくための要約技術」となりますか?

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }