要約筆記者になりたい

要約筆記は、聴覚障害者のための情報保障の手段のひとつです。

聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の【練習用の音源】を、たくさんご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、
【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、
試験既出の重要語句を赤字で示しています。
受講の前に、重要語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。
試験直前では遅すぎます。
早めに試験対策をしてください。

多くの要約筆記者が誕生して、
聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:IPtalk

【講演の音源ですよ!】というカテゴリを新しく作りました!


今までの【音源ですよ!】の中にあった、“講演っぽい”音源をすべて【講演の音源ですよ!】に移し終わりました。


過去問の受験は、“講演”っぽいのが多いと思います。


受験勉強に焦点を当てて練習する方は、参照してみてください。


今まで【音源ですよ!】の下位にあった【講演】カテゴリは削除しました。


タグは、今までどおりくっつけていますので、“講演”で調べていただくと出てくると思います。

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

過去問の傾向とは違う音源です。

 

若い女性2人の、おしゃべりっぽいインタビュー形式の動画。

 

活発な感じで早口ですが、聞き取りやすいと思います。

 

職業、肩書がカタカナ語でたくさん出てきますよ。

 

YouTubeより↓

女子必見!!食欲コンサルタントの村山彩さんに聞いた「正しい食欲コントロール」の方法!

 

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

今どきの大学の進学相談会の紹介ビデオです。

 

主な話し手は、男女の在校生。

 

YouTubeより↓

H28第1回進学相談会

 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。


要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

高齢女性の話し方を、要約筆記したことがありますか?

約8分の動画。

 

自然な語りで、ゆっくりとわかりやすい。

 

その内容に心が持っていかれそうになりますが、要約筆記は泣かないで淡々と。

 

でも、グッとこみあげてくるのが普通だと思います。

 

要約筆記者の派遣先は、お葬式もあるんだそうです。

 

 

YouTubeより↓

終活エンディングムービー / メモリアルムービー sample動画
  
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。


要約筆記の練習用音源にいかがですか。


早口で、たくさん話しているようですが、繰り返しの表現を多用しています。

話し始めたことばに、つい反応してしまいますよね。

わたしもそうです。

それで何度つまづいたことか。

落ち着いて聞いてみると、ばんばん短縮化できそうな予感の音源。

では、3分間くらいの動画で練習してみますか?


YouTubeより↓

集中力を最大限に高める、心理学的にベストな場所とは? by メンタリスト DaiGo


 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習用音源にいかがですか。

 

敬体ですが、無駄のない話し方。

 

常体に直すだけの練習に使えると思います。

 

材料名がつぎつぎ出てきます。

 

全部入力するのは大変ですが、可能な範囲で練習してみてください。

めげない、めげない。 

 

YouTubeより↓

【 料理 】クリスマス パーティー メニュー
🌟 Christmas cooking



練習用の音源です。

前回まで、難しい音源が続きましたよね。 


これは、楽しく明るい雰囲気の動画です。

厳しい練習の合間に、気分転換にどうぞ。 

 

はきはき、元気な話し方。
 

適度に間があるので、気楽な練習にぴったりの音源ではないでしょうか。

とにかくハッピーにいきましょう。 

 

YouTubeより↓

野菜を生のまま冷凍! 作り置き万能ミックス野菜/みきママ
 

 

もうひとつ関連動画↓
作り置き万能ミックス野菜から あっという間に豆腐チャンプルー/みきママ 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

要約筆記の練習にいかがですか?

 

冒頭の司会は、原稿に沿って話しているような、整った文章のことばです。

いわゆる「書きことば」。

司会の部分を飛ばして、演者である田崎氏が話し始めたところから要約筆記するほうが、試験対策になると思います。

田崎氏の語り方は、自然な「話しことば」だからです。

話し方は、聞き取りやすく語尾まで明瞭。

でも、ご本人が言うように「江戸っ子で早口」。


早口だけど、全文入力しないでいいのです。

だって要約筆記だから。

ウサギの耳で聞いてみてください。

ながーい耳にことばを聞きためるつもりで。


ことばを聞きためて

脳内で要約して、

指で出力

「えーなに、これ!」という感情が湧き上がるかもしれませんが、できるだけその気持ちをなだめて。

理性のみで突き進むのです!

さて、さて、学問的な専門用語が出てきますよ。

手強い? 


ひるまずに立ち向かってください。


わたしたちの実技試験本番だって、聞いたこともないような学問の分野が出てきましたから。


「なんだ、このことば!」って、面食らうのも練習のうちですよ。


パワーポイントの画面も同時に映っているので、資料の活用(共有情報の活用)の練習もできると思います。

 

YouTubeより

子育て心理学 田崎美弥子先生
 (東邦大学教授)
教育講演会

  

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします

















賢い子が育つ 耳の体操 【脳と感覚を鍛えるCDつき】
小松 正史
ヤマハミュージックメディア
2017-09-24





USBメモリのことは、以前の記事にも書きました。


リンク↓
【受験ですよ!】実技試験!音源1つ目


もうひとつリンク↓
【受験ですよ!】実技試験!音源2つ目

(リンクをクリックすると、ページが別タブで開きます)
 

実技試験の提出方法のことなんです。
 

実技試験の解答は、試験官から直前に配付されたUSBメモリに保存して提出します。

わたしがこのことを知ったのは、受験の1カ月くらい前でした。

それを知ったときは、ちょっと緊張。

そうか、そうだよね。

実技試験を受けるだけでせいいっぱいなので、提出方法まで考えていなかったな。

しっかりと間違えることなくUSBメモリに保存しなければ。

そういう気持ちでした。

全要研のサイトで受験の手引きを調べればわかったことなんですが、わたしはのんびりしていたんですね。

全要研のサイトを見るようになったのは、このブログを始めてからです。 


そのころ、わたしは普段の生活の中でUSBメモリを使うことはありませんでした。


何でもネットでやりとりの時代です。

USBメモリはときどき使う程度。

年に1回あればいいほう。

わたしのように自信のない人、いますか?

今からでも実技の練習のときの仕上げに、
IPtalkの練習結果をUSBメモリに保存する習慣をつけておくのはどうでしょうか。

養成講座の受講生だったら、IPtalkのログの保存方法はご存知ですよね。

入力したものがIPtalkの「保存」タブから操作できます。 
 

受験の日を思い出します。

暖房が効いているとはいえ、2月の寒さの中でガクガク、ブルブルしながら必死で要約筆記しました。

冷え性の上、試験の緊張で思うように指が動きませんでした。

入力し終えたログは、Iptalkの「保存」タブで指示通りのファイル名を付けてUSBメモリに保存しました。

わたしたちのときは、ファイル名は受験番号で、という指示でした。
 

もし、この操作に慣れていなかったら、違う場所に保存するか、保存しそこなってしまう可能性があります。

せっかく入力したものを、提出する段階で水の泡にしてしまうのですよ。

 

それを避けるためにも、普段からUSBメモリに保存する練習を。

 

来年、受験する方々にはぜひとも合格していただきたいです。

この記事がお役に立てるかどうかわかりませんが、願いを込めて、その時の体験を記しました。 

参考動画

YouTubeから↓

USBメモリの挿入、安全な取り外し

要約筆記練習音源です。


5分間くらいの長さの動画。

歴史的な人物の名前や、聞きなれないカタカナ語が出てきます。


早口ですが、自然な話しことば。


「いやー、まぁ」などの無機能語を、そぎ落とす練習になると思います。


いろんな話し方の人がいますね。

そう思わせてくれる音源。

とにかく、要約筆記をする。

 

腕を鍛えるのみです。

 

自宅では、いくら失敗してもいいのです。

 

場数を踏むのが今日の音源の目的。

 

要約筆記者から見ると、YouTubeは、話し方の博物館。


YouTubeより引用
質問するだけで、相手の態度を変える方法 
by 
メンタリスト DaiGo 

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします!

テキスト下巻P66

手書き要約筆記と、パソコン要約筆記のコースに分かれての講義でした。

 

パソコンコースでは、ノートテイクのための「表示用パソコン」の設定を習いました。

 

利用者が見るパソコンが「表示用パソコン」です。

 

要約筆記者の入力用パソコンと、利用者が見る表示用パソコンはLANケーブルでつなぎます。

 

入力用パソコンの画面と、利用者が見る表示用パソコンの画面は全然違います。

 

表示用パソコンは、文字だけが表示されます。

 

しかも、それは利用者の好みの大きさとフォント、背景色です。

 

自分のパソコン」を見せるときのIPtalk(アイピートーク)の設定方法も学びました。

自分のパソコンを見せる要約筆記というのは、入力表示も、要約筆記者のパソコンひとつでやるということです。

1人の要約筆記者が、ノートテイクに派遣されたときに、この設定で活動するそうです。

 

ふだん、要約筆記者は自分の好きな画面設定で入力しますが、利用者に見せる画面は利用者が見やすいように設定します。

 

IPtalkには、それらの設定を保存して、読み込む簡単な機能があります。

 

最初にIPtalkをインストールしたときは四苦八苦しながら使っていました。

ですが、使うほどに、このソフトの多彩な機能に惚れこみそうです。

おまけ動画

YouTubeより↓

ITパスポート試験ワンポイント講座「LANって何?」

パソコン持参の講義です。

パソコンを持っていく日の講義は、実践に即したことを教えていただけるので、ワクワクして出かけていました。

技術を教えていただけるので、受講生は講師に具体的な質問をしやすいです。

受講生と講師の会話が多い講義の日は、とても楽しかったです。
 

 

この日は、経験豊かな現任講師から、経験談を交えながらノートテイクの講義を受けました。

 

 

(テキスト下巻P52
 

 

ノートテイク」とは、利用者のすぐそばで情報保障することです。

 

その方法は「手書き」と「パソコン」があります。

 

対象となる利用者は、1人から2人です。

 

2人くらいの要約筆記者が、1人の利用者をはさんで座ることが多く、現場の状況により座る場所を臨機応変に変更するそうです。

 

ノートテイクを依頼される現場は、会議や講演、PTAなど、いろいろだそうです。

 

初めてノートテイクを希望する利用者は、心理的にとても高いハードルを越えて要約筆記を依頼することが多いそうです。

 

ですので、要約筆記者はタイピングの技術だけではだめです。

 

対人的なスキルがとても必要です。

 

要約筆記者が利用者の前でどのように行動するかも慎重にしなければいけません。

 

対応を間違えると、利用者を深く傷つけることにもなります。


利用者と、利用者が関わる方々との関係性を壊してしまうかもしれません。

要約筆記者のお節介もいけません。

利用者の持っている力を妨げてしまいますし、自尊心を傷つけてしまいます。
 

現場の数を踏んでいる講師の話を聞いていると、本当に気が引き締まります。




 

それから、パソコン要約筆記の場合は、機器のトラブルなどで、急きょ「手書き」のノートテイクをすることがあります。

 

いつでも手書きできるように、ホワイトボードや用紙を準備しておく必要があります。

 

手書きの場合は、右利きの要約筆記者は、利用者の右側に座るとよいそうです。

 

ペンを持った手が書いた文字を覆い隠してしまい、利用者が読みにくくなるからだとのこと。

 

ノートテイクでは、利用者の視線移動に特に配慮する必要があります。

 

利用者は長時間文字を読み続けるので、話し手、資料、教科書、パワーポイント、板書など視線移動が多いと負担になります。

 

聞こえる人は、話者の話を耳で聞きながら、メモを取ることができます。

 

しかし、聞こえに困っている人はそれができません。


要約筆記者は、その点を十分に配慮しなければいけません。
 

話し手、ノートテイクをしているパソコンの画面、手元の資料ができるだけ同じ延長線上にあるのがよいそうです。

参考になるかもしれない動画を3つ

YouTubeより↓

ノートテイク.wmv



日本福祉大学
ICT活用事例1 OHCテイク、パソコン(PC)テイクの取り組み



パソコンテイクって何?

この日も経験豊かな現任講師から教えていただきました。

 

(テキスト下巻P40

 

この講義で、「前ロール」ということばを初めて聞きました。


前ロール」。

 

お菓子の名前でも、ヘアスタイルの一種でもありません。

 

要約筆記の業界用語といえると思います。

 

前ロール」とは、要約筆記の活動の前に準備して保存しておくテキストファイルです。


そのテキストファイルにする文章は、「前もってわかっている文章」。

それをあらかじめ表示しやすいように修正し、用意しておいて、現場で話者の話と同時進行で、簡単にモニターに表示させるものです。


それで、その「前もってわかっている文章」を、手書きでは「ロール」に事前に書いておきますが、パソコンでは事前にテキスト文書として保存しておきます。

 

いざ使うときにそれをIPtalk(アイピートーク)の機能を使って表示させます。

 

前ロールに保存するものは、司会のシナリオなどです。

 

司会シナリオ以外に、前ロールとして保存しておくものは、「歌詞」や「引用文」などです。

 

集会などに招待された「偉い人」が欠席したときに、代理出席した人が読む「あいさつ文」の原稿などもあります。

 

それらは「要約筆記に適さないから」、事前に前ロールとして準備しておくのだそうです。

 

それで、この日の講義では、IPtalk(アイピートーク)を使って、「前ロール」の作成方法と表示の仕方を、わたしたちは習いました。

 

IPtalkって、実に多彩な機能があり、驚きます。

 

簡単に「前ロール」を保存し、呼び出し、表示する機能があるんですよ。


講義では、講師から提示された例文を「前ロール」用に修正して、フォルダ内に保存し、呼び出すという作業を体験してみました。

 

まず、例文である前ロールの元原稿の「スペース」や「半角のカタカナ」「数字の全角、半角」などを、要約筆記の表記をもとに修正させます。

 

それは、「メモ帳」というWindowsのソフト上でスペースや半角、全角、修正します。

 

そんなふうに事前に準備していても、いざ現場では原稿のとおりに進まないことがあるそうです。

 

その場合は、リアルに打っていくそうです。

 

そのために、前ロールのテキストファイルに改行を入れたりして工夫しておくのだそうです。


この日の講義では、他に「チームでの連携」「振り返り」「幅広い連携」「チームワークの技術」などを習いました。

おまけ動画

YouTubeから↓

ふわふわ、しっとり♪ フルーツロールケーキ


【YouTube動画】を再生させながら、
要約筆記の
入力練習をする方法。

「もうやっているよ」という方は、
この記事は読み飛ばしてください。

記事にするのが恥ずかしいくらい、
やり方は簡単。


ブラウザなどで、任意のYouTube動画を再生させながら、
入力ソフトで
要約筆記の練習をします。

ブラウザ
とは、ご存じのとおり、
Google Chrome(グーグル・クローム)
Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)
Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)など、

いつもインターネットを見るための閲覧ソフです。


上記の
ブラウザからYouTubeへ行き、
そこで好きな動画を検索します。

YouTube
の検索窓から

「講演」「社会福祉」などのことばを入れて
動画を探してみてください。


練習音源
無限にあると思います。


ご自分の好きなジャンルで練習をしても楽しいです。

たとえば「インタビュー」で検索して、
好きな俳優やミュージシャンの動画を探し出し、
その話しことばを要約してみるのもいいでしょう。

次に、IPtalk」(アイピートーク)「メモ帳」
「ワード」などの”入力ソフト”を起動させてください。


ブラウザ”入力ソフト”の2つが、
パソコン上に開いている状態にします。


そうしたら、
ブラウザYouTubeで任意の動画を再生させます。


再生した音声を聞きながら、IPtalkなどに、
要約しながら入力してください。

iPadやスマホなどでYouTubeの音声を流せば、
パソコン画面は広々と使えます。



集中力を持続させるためにも、5分くらいがいいと思います。

最初は2分から始めてもよいのでは。 

わたしは時間設定するのに、
キッチンタイマーを使いました。


終わったらご自分の入力したのを読んでみてください。


ちゃんとした文章として完成しているでしょうか。

その次は、再度、動画を再生しながら、
話者が話していることと、要約筆記のログが食い違っていないか、深く検証をしてみます。

実力アップさせるためには、この検証が必要だと思います。 




では、
音源を探していらっしゃるみなさん。


こんな動画はいかがでしょうか。


YouTubeより引用↓

野口嘉則 講演
「自分という大地に根を張る生き方」
自分本来の力を発揮する生き方

このブログで上記を音源として再生させて、
入力練習することもできます。

全国統一要約筆記者認定試験に
全員合格を心からお祈りします