要約筆記者になりたい

【要約筆記】は、聴覚障害者のコミュニケーションを支援して社会参加、ひいては社会参画ができるようにする手段のひとつだと思います。

健聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いています。
【重要語句】カテゴリには、試験既出の重要語句を赤字で示しています。受講前にその語句を教科書にチェックする勉強法を提案。
多くの要約筆記者が誕生して、聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

タグ:YouTube

難聴についての動画

 

長さは2分くらい。

 

映像でわかりやすく理解できる。

ひょっとしたら教科書より深く学べます。 

 

 

YouTubeより引用

難聴について

全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします! 

YouTube動画】を再生させながら、要約筆記の入力練習をする方法。

「もうやっているよ」という方は、この記事は読み飛ばしてください。

記事にするのが恥ずかしいくらい、やり方は簡単。


ブラウザなどで、任意のYouTube動画を再生させながら、入力ソフトで要約筆記の練習をします。

ブラウザ
とは、ご存じのとおり、
Google Chrome(グーグル・クローム)、
Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)、
Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)など、

いつもインターネットを見るための閲覧ソフトです。

上記の
ブラウザからYouTubeへ行き、そこで好きな動画を検索します。

YouTube
の検索窓から「講演」「社会福祉」などのことばを入れて動画を探してみてください。

練習音源は、無限にあると思います。

ご自分の好きなジャンルで練習をしても楽しいです。

たとえば「インタビュー」で検索して、好きな俳優やミュージシャンの動画を探し出し、その話しことばを要約してみるのもいいでしょう。

次に、「IPtalk」(アイピートーク)や「メモ帳」、「ワード」などの”入力ソフト”を起動させてください。


ブラウザ”と”入力ソフト”の2つが、パソコン上に開いている状態にします。


そうしたら、
ブラウザYouTubeで任意の動画を再生させます。

再生した音声を聞きながら、IPtalkなどに、要約しながら入力してください。

iPadやスマホなどでYouTubeの音声を流せば、パソコン画面は広々と使えます。



集中力を持続させるためにも、5分くらいがいいと思います。
最初は2分から始めてもよいのでは。 
わたしは時間設定するのに、キッチンタイマーを使いました。


終わったらご自分の入力したのを読んでみてください。

ちゃんとした文章として完成しているでしょうか。

その次は、再度、動画を再生しながら、話者が話していることと、要約筆記のログが食い違っていないか、深く検証をしてみます。

実力アップさせるためには、この検証が必要だと思います。 




では、
音源を探していらっしゃるみなさん。

こんな動画はいかがでしょうか。


YouTubeより引用↓

野口嘉則 講演
「自分という大地に根を張る生き方」
自分本来の力を発揮する生き方

このブログで上記を音源として再生させて、
入力練習することもできます。
全国統一要約筆記者認定試験に全員合格を心からお祈りします。

↑このページのトップヘ

body { font-family: "メイリオ", Meiryo, sans-serif; }