自宅の郵便受けに入っていた封筒は、受験した団体からの合否のお知らせでした。

 

おそるおそる開けると、なんと、なんと、2015年度の全国統一要約筆記者認定試験合格していました。

内心では、不合格だったときの自分の心の落ち着け方を、あれこれと考えながらの開封。


開封しながら、受験したときの覚悟の気持ちを思い出します。

たとえ不合格だったとしても、あと2年はチャレンジしよう…。

そう思っていました。

開封して取り出した紙を開くと、
最初に合格の活字が目に飛び込んできました。

しかし時間差というものがあります。

合格したという喜びの
実感が、すぐに湧いてきませんでした。

 

しばらく、その書類を眺め、じっくりと見ました。

本当だよねと何度も確かめました。

それから、じんわりと
合格した喜びの気持ちを感じました。

 

胸の中で、合格したんだと、もう一度自分に言い聞かせました。

しかし喜びの次に、合格
したからといって即戦力で現場で活躍できるわけではないと心が引き締まりました。

 

これから先輩方や利用者に教えを請いながら、勉強を積み重ねていく必要があります。

 

うれしさと不安が入り混じる気持ち。

とりあえずきょうは、笑顔でガッツポーズ

明日からのことは、明日考えよう。



YouTubeから

日本の難聴検査【聴覚障害】

Japan hearing loss test for Japanese babies