要約筆記者になりたい

要約筆記は、聴覚障害者のための情報保障の手段のひとつです。

聴覚障害者が、その場に参加できることをお手伝いします。
聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。


あなたは、要約筆記の練習用音源を探していらっしゃいますか?

当ブログでは、いろんなジャンルの音源をご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、
【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、
試験既出の重要語句を赤字で示しています。

受講の前に、重要語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。

試験直前では遅すぎます。

早めに試験対策をしてください。


多くの要約筆記者が誕生して、
聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

��帥�逸��宇喜多悠翔

赤い文字は過去問既出語句です。

20112014年度 全国統一要約筆記者認定試験)

 

受講前赤い文字だけを、テキストに蛍光ペンでマーキングしてください。

 

マーキングしたテキストを見ながら受講すると、過去問の【重要語句】を意識しながら講師の話を聞くことができます。

 

受講後、時間のある方は、黒い文字も合わせ読み、答えを想起してみてください。

 




(テキスト上巻P84

 

バリアフリー新法ということば、そのままでは過去問に出ていませんが、「バリアフリー」ということばでは出てきています。

 

手話通訳要約筆記によるコミュニケーション支援制度化したのは、2006の「何」ですか?

 

2006年、障害者自立支援法は、「何」や「何」によるコミュニケーション支援制度化しましたか?

 


2013
年、障害者自立支援法が改正されて「何」として施行されましたか?

 

2013年、「何」が改正されて障害者総合支援法として施行されましたか?

 

2013年、コミュニケーション支援「意思疎通支援」として「何」に組み込まれていますか?

 

2013年、コミュニケーション支援は「何支援」として地域支援事業に組み込まれましたか?

 


要約筆記者派遣事業
は、「何」という地方公共団体の必須事業ですか?

「何」という派遣事業市町村必須事業になっていますか?

 



要約筆記者養成
は、「何」という地方公共団体の必須事業ですか?

要約筆記者養成は、都道府県・政令指定都市等の「何」事業ですか?

 




そのほか、このページの気になるワードがあります。

第二種社会福祉事業、総合支援法 意思疎通支援事業にもチェックをしておいてください。
 


障害者権利条約
は西暦何年に国連採択されましたか?

2006国連採択されたのは「何」条約ですか?

 


日本政府
2007署名したのは「何」条約ですか?

西暦何年に日本政府障害者権利条約署名しましたか?

 




次のページ。

 

障害者権利条約キーワード、合理的配慮ということばも気にしておいてください。



参考動画

YouTubeから

聴覚『障害』 手話・字幕付き

 













わたしたちの手話学習辞典〈1〉
全国手話研修センター日本手話研究所
全日本ろうあ連盟
2015-08










2011年度から2014年度の試験に既出の重要語句は赤い文字です。


ひたすらテキストに蛍光ペンでマーキングしてから授業に臨むのがおすすめ。



余裕があれば、黒い文字のところも合わせ読みながら内容を想起してください。

 



(テキスト上巻P34

 

音声によるコミュニケーションとはどういうことをいいますか?

コミュニケーションが成立するために、両者が同じ「何」を持つことが条件となりますか?

同じ言語世界を持つことで、何が成立しますか?

 

通訳者はどのようなときに発信者受信者のあいだにはいりますか?

発信者受信者コミュニケーションがその状態のままでは通じないとき、間に入るのは誰ですか?

 

受信者が聴覚障害者の場合、音声による発話を通訳者は「何という」言語や「何という」言語にして伝えますか?


手話通訳者は「何という」言語を使って通訳しますか?
手話言語


要約筆記者
は「何という」言語を使って通訳しますか?
文字言語





参考動画


YouTube
から

手話通訳者になるには?~全国統一試験~ 手話・字幕付き


��������������若�吾��������������