要約筆記者になりたい

要約筆記は、聴覚障害者のための情報保障の手段のひとつです。

聴者だけが、社会を変えるのではありません。

要約筆記者になりたい人を応援するブログです。
要約筆記の練習用音源を探していらっしゃいますか?

当ブログでは、いろんなジャンルの音源をご紹介しています。

また、養成講座や受験の経験をもとに、
【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきました。

【重要語句】カテゴリの記事には、
試験既出の重要語句を赤字で示しています。
受講の前に、重要語句を教科書にチェックする勉強法をご提案。
試験直前では遅すぎます。
早めに試験対策をしてください。

多くの要約筆記者が誕生して、
聴覚障害者の当然の権利が守られることを願います。

��帥�逸��情報保障の基礎理論

受講前のテキストに、【重要語句】蛍光ペンでマーキングすることを提案しています。

【重要語句】は過去問に出てきた語句です。

「情報保障の基礎理論」は、

【過去問】2013年度Ⅲ-1、(4)
で出題されている範囲のようです。

(テキスト下巻
P8)

赤字
【重要語句】です。

送り手
も、自分のメッセージを意図にそって、受け手が「どうできるよう」に心がける必要があるでしょうか?

解読できる


聞こえない人がいる場
で、音声によるコミュニケーションを成立させるため、聴覚障害者に情報保障しようとするその場のすべての人の「何」が必要ですか?


意思配慮方法

要約筆記者が要約筆記の持つ制約を守った上で、その場で可能な「何をする」ことが情報保障の範囲となりますか?

補完提起する

テキスト下巻P8~P9には、「受け手」「送り手」「コミュニケーションの成立」などのことばを使って、大事なことがたくさん書かれています。

昨年、受講生だった時に初めて読んだときはよくわからなかったのですが、いま読み返すと違う感情がわき上がります。

困難を抱えている状況を持つ人の気持ちを考えながら、かみしめるように読んでいます。 


ブログを書いていなかったら、こんなにテキストを読み返すことはなかったかもしれません。
 

それから、下巻P9には、2011年度~2014年度の過去問に直接出てくる語句を、わたしは見つけられませんでした。

 

出題されたことがない部分だからこそ、次の年の試験に出題されるということも考えられます。

教科書を隅から隅まで読むことは大切だと思います。


試験合格をお祈りします。 

参考動画

YouTubeから↓

Communication Process - Video Tutorial

(英語の動画です。YouTubeの設定をすれば、英語字幕が下部に表示されます)

きょうからテキスト下巻についての記事です。



昨年、受講生だった時の記憶をたどりながら【講義のようす】を書いています。





(テキスト下巻P4~)


1.「コミュニケーションの基礎理論」


長年、聴覚障害者と関わってきた、笑顔のやさしい福祉の専門家から講義を受けました。


この日は、教科書にそっての話ではなくて、配られた資料を見ながらの難しい内容の講義でした。


いま思えば、教科書に書いてあるコミュニケーションの定義、構造、特徴、種類、目的などのポイントを意識して聞けばよかったと思います。


予習が足りなかったと反省しました。





2.「情報保障の基礎理論」


音声情報を文字言語にして、情報保障する考え方などを習いました。


情報保障するときの心がまえのようなことや、効果的に情報保障できるようにする具体的な対処方法などを知ることができました。





3.このときの受講の感想


この講義のとき、要約筆記の実践に近い内容になってきたので、それがうれしかったことを思い出します。


でも、メモが取りづらかったことを思い出したんです。


講師の話が必ずのように、話しはじめと話し終わりで違う内容になるので、ちょっと苦労しました。


わたしが、講師の話しはじめの単語に飛びついて、そのあとその単語についての話しがあるのだと思って聴くから、わけがわからなくなり結局メモをとることが不可能になっていたのです。


それが、わたしの課題だと自覚しました。

優秀な要約筆記者の先輩方は、その講師の話をわかりやすく、的確に、スピーディに要約して全体投影していました。


今年もまた同じ講師によって開かれる、この講義を受けようと思っています。


今度は、要約筆記に挑戦です。

ステップアップあるのみ。



参考になるかもしれない動画

YouTubeより↓

人の話を聞くコツ~メモをとることの本当の意味~